南極基地で初の殺人未遂事件が発生! 科学者同士のトラブル原因は「読みかけの本のネタバレ」か… !

 1月8日(火)夜7時から「ザ!世界仰天ニュース」(日本テレビ系列)において、「南極基地 ナゾの殺人事件」が放送されるにあたり、当時の海外ニュース記事をもとにしたトカナの過去記事を再掲する。放送前にしっかりおさらいしておこう。

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////


■基地で起きた殺人未遂事件

 2018年10月9日、南極海のキングジョージ島にあるロシア南極観測拠点の一つ、ベリングスハウゼン基地で殺人未遂事件が起きた。英「Daily Mail」の記事(2018年10月24日付)によると、殺人の容疑で逮捕されたのはエンジニアのSergey Savitsky容疑者(55)。被害者Oleg Beloguzovさん(52)と何らかの理由で口論となり、基地の食堂で被害者の胸をナイフで刺したというが、これが“閉鎖環境が発狂の原因”なのでは……と指摘するメディアもあり、注目が集まっている。

南極基地で初の殺人未遂事件が発生! 科学者同士のトラブル原因は「読みかけの本のネタバレ」か… !の画像2Sergey Savitsky容疑者(左)と被害者Oleg Beloguzovさん(右)。画像は「Daily Mail」より引用

 その後、口論の原因は「本」にあったことが明らかになった。被害者であるBeloguzovさんが、Savitsky容疑者がまだ全部読んでいない読みかけの本の結末を言ってしまったことが原因だったというのだ。ギョッとしてしまう話だが、南極で娯楽も少ない中、楽しみにしていた本の結末をバラされてしまっては、怒りが爆発するのも多少は共感できるだろう。とはいえ、ナイフで刺すのはやり過ぎだ。

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ