ネコが「宇宙人が送り込んだスパイ」である決定的証拠2つ! UFOに乗り込む衝撃映像、飼い主監視…!

ネコが「宇宙人が送り込んだスパイ」である決定的証拠2つ! UFOに乗り込む衝撃映像、飼い主監視…!の画像1
画像は「getty images」より引用

 2月22日は「猫の日」。“猫と一緒に暮らせる幸せに感謝し、猫とともにこの喜びをかみしめる記念日”である。2月22日が選ばれた理由は猫の鳴き声「にゃん」に由来する。愛玩動物としても犬と人気を二分する愛らしい猫たちであるが、実は人間を監視するためにエイリアンが送り込んだスパイであると実しやかに噂されていることをご存知だろうか?

 海外オルタナティブニュースサイトによると、猫が地球外からやって来た特殊な生物である証拠が2つあるという。

■宇宙人と猫

ネコが「宇宙人が送り込んだスパイ」である決定的証拠2つ! UFOに乗り込む衝撃映像、飼い主監視…!の画像2
バステト。画像は「Wikipedia」より引用

 まずは猫が地球外からやって来たと考えられる理由、それは古代エジプト文明における猫の神格化にある。古代エジプト文明における猫の社会的地位は非常に興味深く、富裕層の猫はミイラにされ、ナイル川のほとりに丁重に埋葬されていた。というのも、古代エジプトでは猫の顔を持つ女神「バステト」が崇拝されており、猫をただの動物ではなく“神からの贈り物”だと考えられていたからだ。

 ところで、宇宙人は古代から地球を訪れていたとする「古代宇宙飛行士説」によれば、古代エジプト人が宇宙人と接触していたことはほぼ間違いないとされる。彼らが崇拝していた神は宇宙人であり、猫が地球外からやってきたことは太陽神ラーの娘であり、猫の頭を持つ女神「バステト」をみれば明らかだというのだ。興味深いことに、エジプト文明以前の文献や壁画には猫が一切登場しないそうだ。

■猫のスパイ的特性

ネコが「宇宙人が送り込んだスパイ」である決定的証拠2つ! UFOに乗り込む衝撃映像、飼い主監視…!の画像3
画像は「getty images」より引用

 猫の解剖学的・身体的特徴には、科学的に説明不可能な謎がある。たとえば、猫が喉を鳴らした時に発生する「ゴロゴロ」という音。我々も普段から耳にするありふれた音であるが、その原因は今なお不明。他の猫と暗号通信するための特殊な器官を隠し持っているのかもしれない。

 また、猫には色覚の基礎となる錐体視細胞が異常に多い。よく猫は幽霊を感知すると言われるが、もしかしたら猫は我々の目に見えないものまで注意深く観察しているのかもしれない。

 そして、猫の卓越した身のこなしも普通では考えられない能力であるという。ご存知のように、猫は自分の体の何倍もある高さから落ちても骨1つ折ることがない。猫が見晴らしの良い高所を好むのも、彼らが諜報活動に勤しんでいる証拠だろう。

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ