禿げた時のための「ヘアバンク」1年以内に開始! 頭皮細胞を保存&培養… 格安特価でハゲ絶滅へ「人生の保険だ」

 これまでにも毛包細胞を移植する増毛技術は存在したが、培養された毛包細胞はすぐに機能を失ってしまうことが多かった。しかし、最近この分野に科学的ブレークスルーがあり、培養がうまくいくようになったという。HairClone社のシステムもそれなくしては不可能だったそうだ。

 気になる毛髪バンクの利用料だが、初期費用が2,500ユーロ(約30万円)、毎年の保管料が100ユーロ(約1万3千円)とのことだ。既存の植毛治療と比べてもそれほど高くない。むしろ安いぐらいではないだろうか? ただし、細胞の移植は3年~5年置きに行うことで若々しい髪の毛を保つことができるという。

禿げた時のための「ヘアバンク」1年以内に開始! 頭皮細胞を保存&培養… 格安特価でハゲ絶滅へ「人生の保険だ」の画像3
画像は「Daily Mail」より引用

 

 まだ毛髪クローン業界は誕生したばかりだが、未来は明るそうだ。その市場規模は2016年には40億ドル(約4400億円)だったものの、2023年までに240億ドル(約2兆7千億円)にまで膨れ上がるという。

 HairClone社は各種認可を取得後、1年以内の運用開始を目指しているとのことだが、今後数年で毛髪クローン業界が大いに賑わいそうだ。そして薄毛治療の選択肢が増えたことは、全世界の人々にとっても嬉しいニュースであるに違いない。

(編集部)

 

参考:「Daily Mail」、ほか

コメント

2:プーチン大統領 2019年2月27日 23:15 | 返信

ハゲた頭は宇宙人の象徴である。頭頂部には七番目のチャクラがありスキンヘッドの方が宇宙人とは交信しやすくなるだ。ハゲ頭は私こそが開発し全人類に浸透するように仕向けているのだ。

1:匿名 2019年2月27日 23:08 | 返信

もう遅いわ!!!

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。