禿げた時のための「ヘアバンク」1年以内に開始! 頭皮細胞を保存&培養… 格安特価でハゲ絶滅へ「人生の保険だ」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント2
画像は「getty images」より引用

 

 薄毛に悩む人に朗報だ。なんと、近い将来に世界初の「毛髪バンク」を開設されるというのだ。若いうちに髪の毛の細胞を預けておけば、将来薄毛になっても自分の細胞で髪の毛を再生することが可能になるという。

 英紙「Daily Mail」(2月29日付)によると、世界初の毛髪バンクを開設したのは英企業の「HairClone」。そのシステムは至極簡単だ。まだ毛髪が残っているうち、できれば若い頃に100個ほどの毛包を採取し、それをマイナス150℃で冷凍保存。薄毛が気になり始めたら、それらを解凍し、培養することで、自らの毛包細胞を植え込むことができるようになるという。

画像は「Daily Mail」より引用

 

「私たちの治療法のポイントは、薄毛を若返らせ、必要なだけの髪の毛を再生することです。ヘアークローニングの利点はどんな時でも髪の毛を生み出すことにあります。将来的に髪の毛が尽きてしまうことを心配しなくていいのです。後の人生のための保険のようなものです」(HairClone社メディカルディレクター、ベッサム・ファージョ医師)

 ファージョ医師は、なるべく若いうちに状態の良い毛包細胞を保存しておくべきだとアドバイスしている。

コメント

2:プーチン大統領 2019年2月27日 23:15 | 返信

ハゲた頭は宇宙人の象徴である。頭頂部には七番目のチャクラがありスキンヘッドの方が宇宙人とは交信しやすくなるだ。ハゲ頭は私こそが開発し全人類に浸透するように仕向けているのだ。

1:匿名 2019年2月27日 23:08 | 返信

もう遅いわ!!!

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。