11回の整形手術で完全にマイケル・ジャクソンになった21歳の男! 身体改造が人生のすべてになった深い“心の闇”とは!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント4

■母親「いつか手術で命を落とすのでは」

 母親のアドリアーナ・カルーソさんも、日に日にレオさんを我が子と認識することが難しくなってきたと動揺を隠せない。

「Oddity Central」の記事より

「息子がマイケル・ジャクソンのファンでも、マネするのも自由です。だけど、整形なんて。息子は整形手術を受けることを、まるで美容院に行くかのように話すんです。いつか手術で命を落とすんじゃないかと心配でたまりません」(「Barcroft TV」のインタビューより)

 もしも、レオさんがMJの名に恥じないほどの華麗な歌やダンスを披露するというなら、世間の彼を見る目は劇的に変わってくるのかもしれない。だが、ここまで外見を作り込んでしまったにもかかわらず、猿まねの域を出ないパフォーマンスのままだとすれば、痛々しいばかりだ。

「Oddity Central」の記事より

 形から入った者の末路がどうなるか、説明するまでもないだろう。MJは、この世にたった1人だけ、一度だけ存在すればいい。ファンならわかるはずだ。
(文=佐藤Kay)


参考:「Oddity Central」、ほか

コメント

4:匿名 2019年3月5日 05:32 | 返信

マイケルは整形依存や奇行というスキャンダルで有名になったわけじゃないからな
超一流のシンガーでありダンサーというベースがあったわけで

3:匿名 2019年3月4日 20:09 | 返信

表面だけで満足してるな。

2:匿名 2019年3月4日 18:38 | 返信

なんかダンスにキレがないような感じ。マイケルのダンスはキレがバリバリあるから。
あと首を突き出して垂らすようなアピールも変だからやめてほしい、マイケルはこの男性のように甘い世界で生きていなかったと思うし、苦労が絶えなかった

1:匿名 2019年3月4日 12:43 | 返信

身体に対して顔の大きさがあまりにも不自然。
アイコラだな。

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。