【3.11から8年】東日本大震災を予言していた映画が存在!? 9.11も…災害を予知した作品たち

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント8
関連キーワード:

,

■未来人ジョン・タイター2020年の日本地図

ジョン・タイターが予言していたとして出回った画像

 2000年、ネット掲示板にジョン・タイターと名乗る未来人が突然現れ、話題となった。2036年からタイムトラベルをしてきたジョン・タイターは、数々の予言をネット上に書き込んだ。「ペルー大地震」、「第二次湾岸戦争」、「中国の宇宙進出」、「新ローマ教皇誕生」など的中した予言もあったが、そのほとんどは外れていた。未来から来た彼からすれば、これから起こる出来事はすべて過去のことなのだから外れるわけもないのだが……。

 一説によると、ジョン・タイターの世界と現代との時間軸のズレなどから、微妙に世界が変わったのかもしれないと言われている。

 そんな彼が残したものに「2020年の日本地図」というものがある。その地図によると日本は3分割された形になっている。また、東北のほぼ全域が政府管理区域となり立ち入り禁止となっている。

 そして首都が岡山になり新首都「岡京」となる。また、北海道は「蝦夷共和国」に。この地図が、「まるで福島原発事故を予言していたのでは?」と注目を浴びたのだ。

 しかしそれ以外にも気になる点は、前述の映画『TSUNAMI‐ツナミ‐』の日本地図の欠けた東北の部分と、ジョン・タイター2020年の日本地図の政府管理区域立ち入り禁止の部分がほぼ同じであることだろう。

 この2020年日本地図は、ネットにも随分出回っており、2011年の震災前から出ていたとされるが、はっきりいって一次情報の出処がはっきりしない。それゆえ、この地図は震災後に流れた「デマ」であるという説も根強い。

 ジョン・タイターの存在自体がヤラセという説さえも存在する。ジョン・タイターの著作権を管理している財団があり、理事長はラリー・ハーバーという弁護士が勤めている。そのハーバーの弟がコンピュータ知識に詳しいというのである。ゆえに、このふたりがちょっとしたお金儲けのために仕掛けたことなのではないかというのだ。

 さまざまな予言作品を紹介したが、悲しいことにこうした作品は何かが起こってしまった後でないとなかなか見つからない。とはいえ、作品中になにか気になるシグナルやサインがあったら心に留めておくことで、もしかしたら悲惨な事件を防ぐことができたり、災害から難を逃れる人が増えるかもしれない。

文=白神じゅり子

jyuriko.jpg

★白神じゅりこ
オカルト作家・コラムニスト・ライター。ジャンルを問わず幅広く執筆。世の中の不思議を独自の視点で探求し続けている。秘密結社「MU」倶楽部メンバー。
・ブログ「オカスピブログ 東京怪奇大学
ダイアプレスより『2016予言 驚異のシナリオ』、『恐怖の洗脳ファイル』、『UMA未確認生物の真実』も発売中!

関連キーワード

コメント

8:匿名 2019年3月14日 09:26 | 返信

批判の為の批判は無益。何の意味もない、有るのは本人の自己満足のみ。

建設的な批判は有益。何かを産み出す原動力になる。

7:匿名 2019年3月13日 19:49 | 返信

≫4
この場合のtunamiは英語だよ。
当然これは津波を表す語だけど、日本語が基になってる。

それにしてもくだらない記事だなぁ。
明確な根拠も現実性もないうえに、新情報すらないならもはやまとめる必要なくない?
「無根拠なのは隠蔽されてるからだー」とか「批判は非生産的」とか筋違いにも程があるし、そもそ生産性を有するのは一次情報であって、それに対する論評なんかなにも生まないのが当然でしょ。批判=無意味とか、情報をいかにして淘汰すべきかもわかってなさそうだな。

6:匿名 2019年3月12日 14:54 | 返信

>>1
近いけど意味はある
ある科学実験でも証明されている
君なら見つけられるだろう

5:トランプ大統領 2019年3月12日 03:39 | 返信

>> 1

民衆の意志など関係ない。人間はすべて奴隷であって悪のロボット宇宙人チョンがパペットとして操りそういう物を作っている。いつもそう言っている。お前らは敵だから後で殺す!
奴しか知らない邪悪な聖書に沿って本物の日本人を痛めつけるために人間は動かされているだけだ。奴はどうやら喋れないらしく、そういった作品やニュースやネットの書き込みや人間を操って分からないように喋らせている。私に直接メッセージを送ってくるよ。
あとはネットの書き込みで私の書き込みをダイレクトで反応したりする。
人間は通信機器の搭載されたロボットである。
テレパシーが使えるなら携帯電話いらんだろう。お前らだけにしか分からんがな。
俺はまともなのでそんな能力ない。インプラントで読まれているだけ。
例えば、カラオケバトルに出ていた林部智史が私を知っているとは思いもよらないだろう。
近くでライブがあったから、ミーハーで見に行ってみたら「今日は意外な方が来ています」などと突然誰とも言わず変なことを口走っていた。あれは間違いなく私のことに違いない。
私は人間では無いからな。宇宙人のインプラントで行動を把握されているので反応したのだろう。しかも二階席の奥の方なのに見えるはずもなく、会ったこともない人が知っているわけがないが奴はロボットなのでわかるようだ。これが私が人間がロボットであると主張するゆえんだ。
心の中で考えたことに反応したケースもあったり同じ経験は何度かあるので私はお前らをロボットだと言っている。
彼はライブを満席にしたかったようで、前回は埋っていたのに今回一階席の後ろの方がに空席があったのを残念がっていた。だがそれは彼のライブに来ている年齢層をよく考えていない発言ではないかと思う。私は会場に入って辺りを見渡してみたらジジイとババアしかおらんことに気付いた!若くても50歳くらいだった。あれ?泣き歌の歌手ってえらい年齢層高いのね。
若い人が一人もいなかったので一人でめっちゃ浮いていた。恥ずかしかったではないか!隣は殆どババアで占領されていたので怖かった。私が思うに今回空席があったのは、この一年でお亡くなりになったからではないか?あまりにも年齢層が高い。50から80歳くらい?泣き歌を聞きに来るのはレクイエムを聞いてあの世に逝きたかったのだろうと推測した。林部智史は呪文を唱えてゾンビを浄化させている僧侶と何ら変わりがないのである。彼はテレビにも出たがっていた。断っていないのにオファーが来ないそうだ。だったらカラオケバトルに出ていれば良かったんでないの?と思いつつ何故年齢層が高いのか不思議に思った。もしかして泣き歌とはレクイエムなので死者しか呼ばんのではないか?魔法でターンアンデッドして浄化しているから、救われたい死にぞこないのジジイとババアしか来ないのだと。そもそも、普通に若者向けに歌っていればこんなことにはならなかったのでは?と思った。私もまさかこんなことになるとは事前にファン層を確認すべきだったな。いやいや、彼は若いのだし、そんな年齢層が固定化されているなんて思わんでしょう。
恐怖というか、笑えるというか?どういうこと?
まぁ、とにかくだ。お前らはロボットでチョンの奴隷故にそういうことがあると言いたい訳だ。
ということで創価学会的漫画、三ツ星カラーズのさっちゃんの言葉は本当になるはずだ。
「最終的にみんなウンコになるんだ!行きつく先はウンコだけだ。だから最終的にはみんなウンコになるんだぞぉ~」というさっちゃんの言葉は本当だ。お前らは人種的には人食いの大陸人だ。
世界の終わりというのは、みんな操られてゾンビのようになり、共食いをして、みんなウンコになる!それをお前は合意したことになるのだ!芥川賞で共喰いという作品があったろう?本当に共食いをしてウンコにするのが人間を恨んでいるチョンの陰謀なので、回避するのは難しいことだ。
余程、私に有利に世界が動かない限り奴の作った運命から逃れることは出来ない。何度も言っておろうクローンポプちんで世界征服することが重要だと。

4:匿名 2019年3月11日 22:22 | 返信

反日映画を得意気に紹介されてもなあ……
でもまあ、日本が嫌いなくせにあの国が、日本語のタイトルの映画を作っていたというのは面白いネタだ。

3:匿名 2019年3月11日 11:57 | 返信

文句や批判はとても簡単。見下せば優越感も得られる。でもそれで終わり。

何の前進も無ければ、建設的背景も無い。もちろん真実の探求に至る訳もない。

2:匿名 2019年3月11日 11:41 | 返信

くだらない

怒りを通り越して(書いた人間に)可哀想に思う

1:匿名 2019年3月11日 10:58 | 返信

911に関しては他にもシンプソンズやマトリックスその他、意図的な映像が挿入されている。

1つの仮説だが、その星の未来に大きな影響を及ぼす事柄(この場合、悪事)を計画的に実行する際、大衆の合意を得なければならない、という宇宙の普遍的法則というか不文律があるのではないか。なので、このような「それらしき画像」を入れ込んで、大衆から暗黙の合意を取り付けた「形」にしているのではないか?

ここまで手の込んだ事をするのは、イタズラレベルではなく、何らかの大きな意図を感じる。

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。