アラスカの地下に謎の「巨大ピラミッド」が存在か! 地底エレベーター、地震、米軍…科学で解明できぬ地下エネルギーを暴露!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0

 北アメリカ大陸の北西端に位置するアラスカの地に、巨大なピラミッドが眠っていると英「Daily Star」(3月30日付)が報じた。

アラスカの地下に謎の「巨大ピラミッド」が存在か! 地底エレベーター、地震、米軍…科学で解明できぬ地下エネルギーを暴露!の画像1
画像は「Daily Star」より引用

 ことの発端は1992年に中国が行った威力1メガトンの地下核実験であった。爆発による地震波が世界を駆け巡り各地で観測されたが、その時のデータによって、米アラスカ州アンカレッジ北部の地下に存在する地質の異常が明らかになったというのである。

 米「History Channel」の人気番組「古代の宇宙人(Ancient Aliens)」によると、その異常の原因は地下に眠る巨大なピラミッドなのだという。番組に登場するジャーナリストのリンダ・モールトン・ハウ氏は、そのピラミッドを直接見たという男性の息子にコンタクトを取り、その証言を匿名で紹介している。

 この父親は米海軍に勤めていた元エンジニアで、「地下に存在する巨大なエネルギー」に関する特別なプロジェクトに参加したという。そこには地下へと続く長いシャフトエレベータがあり、それに乗って巨大なピラミッドの底へと向かっていたそうだ。彼の仕事は巨大なエネルギーがどのように発生・放射しているのかを突き止めることにあった。

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。