【閲覧注意】車中で産気づいた母親の出産シーンを10歳の息子が動画撮影! Facebookにアップ、叫ぶ母、焦る父、そして…

【閲覧注意】車中で産気づいた母親の出産シーンを10歳の息子が動画撮影! Facebookにアップ、叫ぶ母、焦る父、そして…の画像1
赤ちゃんが生まれてくきた瞬間、ルディさんは意外に冷静な声で「赤ちゃんが出てきたわ」と言うと、赤ちゃんを胸元に抱き寄せた(マイクさんのFacebookの映像より/以下同)

 アメリカ西部のネバダ州で5月下旬、妊娠中の女性が病院の検査へと向かう途中で急に産気づき、そのまま助手席で出産。その一部始終を、後部座席にいた10歳の息子が撮影していた。

 ルディさんは夫が運転する車に乗り、3人の子供たちと一緒に検査のために病院に向かっていた。この時、10歳の息子であるジェイデン君は、新しい赤ちゃんの誕生までを記録する撮影係を任されていたのだが、意図せず、いきなり出産シーンを撮影することとなったのだという。

 4分半ほどの映像では、夫のマイクさんが車を運転しながら片方の手でルディさんの足を撫で、急に産気づいたナディアさんを落ち着かせようとしていた。

 出産の苦しみに「アー!」と叫び声を上げるルディさん。後部座席の後ろにいた3人の子どものうち、娘2人は母親の異様な事態に恐怖を感じたのか、座席に張り付いたまま泣き叫ぶだけだった。一方、動画撮影をしていたジェイデン君は、車内の様子を撮影しながら、父親に向かって「急いで」と言う落ち着きぶり。

 ルディさんは「マイク、赤ちゃんが出てくる、赤ちゃんが出てくる~!」と叫んだが、マイクさんはさすがに本当に生まれてくるとは思っていなかったらしく、「いや、まだまだだよ」と答え、先を急いだ。

 しかし、ルディさんはもうこれ以上抑えておくことができないと感じていた。そして、いきみだしてすぐに、「赤ちゃんが出てきたわ」と言うと、股間から赤ちゃんが生まれ落ちてきた。

※ 次頁に壮絶出産動画アリ!!

人気連載
トランプ大統領が「逆転」するシナリオは2つ! 勝つ確率はかなり高い、ナンシー・ペロシも…! ジェームズ斉藤解説

トランプ大統領が「逆転」するシナリオは2つ! 勝つ確率はかなり高い、ナンシー・ペロシも…! ジェームズ斉藤解説

【連載:某国諜報機関関係者で一切の情報が国家機密扱いのジェー...

人気連載
封印映画『罵詈雑言(バリゾーゴン)』絶滅映像作品の収集に命を懸ける男・天野ミチヒロがぶった切る!

封印映画『罵詈雑言(バリゾーゴン)』絶滅映像作品の収集に命を懸ける男・天野ミチヒロがぶった切る!

――絶滅映像作品の収集に命を懸ける男・天野ミチヒロが、ツッコ...

関連キーワード

18歳未満閲覧禁止

ここから先のコンテンツには、過激でグロテスクな表現と画像が含まれます。そういったものが苦手な方は、強い精神的不快感を覚える可能性があるため閲覧はお控えください。また、18歳未満の方の閲覧を禁止いたします。閲覧される方は必ず各自の責任を持ってご覧下さい。

閲覧しますか?