ゾウがたった一撃で男を…!狂暴化したゾウが人間を襲撃する瞬間を捉えた映像3選

画像は、「TheWorldWatch」より

 人間がゾウに襲撃される事故がしばしば報じられる。時として人間を死に至らしめるゾウだが、その行動の背後には人間側の事情があることも多い。

ゾウに踏みつけられたゾウ使いの男性

 インド・ケララ州は土地の30パーセント近くが森林に覆われ、そこには野生のゾウが多数生息している。また、同州の寺院では伝統的にゾウを飼育して宗教儀式に利用してきた。このようにゾウが身近に存在する環境では、ゾウと人間が衝突する事故がしばしば発生する。

 同州コータヤムにある寺院のスリ・ラーマスワミ寺院では2024年4月3日、祭りの最中にゾウ使いの男性がゾウに踏みつけられて死亡した。この男性はアラヴィンドさん(26)と特定された。

 事故の瞬間を捉えた監視カメラの映像が公開されている。午後9時頃、背中に女性を乗せた一頭のゾウが突然暴れ出した。白いシャツを着たアラヴィンドさんはゾウの一撃を受けて転倒し、ゾウに踏みつけられた。寺院の職員と地元住民は直ちにアラヴィンドさんを病院に搬送して入院させたが、負傷により死亡した。

動画は、「TheWorldWatch」より

祭りの最中に暴れ出した2頭のゾウ

 ケララ州では、寺院で飼育されるゾウが暴れる事故が2024年3月21日にも発生した。この日、同州トリチュールにあるスリー・サスタ寺院では、ヒンドゥー教の祭典「プーラム」が開催されていた。

 事故によって混乱が生じた様子は、観客によって動画撮影された。装飾を施され、背中に人を乗せた一頭のゾウが急に暴れ出し、ゾウ使いらを振り払って別のゾウに突進した。観客らがパニックに陥る中、2頭のゾウは頭同士をぶつけ合った後、会場を走り回った。この事故で2人が負傷し、車両数台が損傷したという。

動画は、「YouTube」より

 同州にある寺院で飼育されるゾウは、宗教儀式での利用を目的とした酷使や虐待が問題視され、動物保護の観点から批判されることも少なくない。これを受けて、同州トリチュールにあるスリー・クリシュナ寺院では、本物そっくりのゾウのロボットを導入した。ロボットを寄贈したのは、米国を拠点とする動物愛護団体「動物の倫理的扱いを求める人々の会(PETA)」のインド支部だ。

 PETAインド支部は、寺院によるゾウの飼育のほとんどが不法であり、飼育方法も過酷であることを指摘する。結果としてゾウが脱走しようとして暴れ、人間に危害を加えたり、器物を損傷したりするという。

サファリツアーの車をゾウが襲撃

 ケララ州ではゾウの飼育が改善されつつある。一方、急速な都市化と農業の拡大に直面しているため、森林に侵入した人間がゾウと遭遇する事故は後を絶たない。同州内閣は、人間と野生動物の衝突を州特有の災害に指定した。

 同様の衝突はアフリカ諸国でも深刻だ。ザンビア最大の国立公園「カフエ国立公園」で2024年3月30日午前9時30分ごろ、野生動物サファリツアーに参加していた米国人女性がゾウに襲撃されて死亡する事故が起こった。死亡したのはゲイル・マットソンさん(80)だ。

 事故を撮影した映像がSNSに投稿されて話題となった。マットソンさんらが乗った車をゾウが追いかけてくる。車に急接近したゾウに向かって、ガイドが「ヘイ、ヘイ、ヘイ」と叫ぶ。その後、ゾウは車を横転させたのだった。

 マットソンさんはヘリコプターで南アフリカ共和国の病院に搬送されたが、死亡が確認された。

動画は、「YouTube」より

 サファリ運営会社「ウィルダネス・デスティネーションズ」によると、ゾウが襲撃した車には、マットソンさんを含む観光客6人とガイド1人が乗っていたという。同社CEOのキース・ヴィンセント氏はABCニュースの取材に応じ、「わが社のガイドは全員、非常によく訓練され、経験を積んでいますが、残念ながら今回のケースでは、地形と植生によりガイドのルートがふさがれ、車を危険な場所から素早く移動させることができませんでした」と語った。

 野生動物のテリトリーに人間が足を踏み入れれば、時として大惨事となる。ゾウと人間が良好な共存関係を築くまでには、まだ時間がかかりそうだ。

参考:「Janam TV English」、「WION」、「ABC News」、ほか

関連キーワード:, , ,

文=標葉実則

タヒねばいいのに → しねはみのり → 標葉実則。エログロオカルトを得意とするライター。世界中の猟奇事件、奇病、フェチ、カルト宗教、オカルト、都市伝説、陰謀論などのアングラ情報を蒐集して文章化します。
・ ツイッター @Minori_Shineha
・ 忘備録「タヒネバ」 https://tahineba.com

標葉実則の記事一覧はこちら

※ 本記事の内容を無断で転載・動画化し、YouTubeやブログなどにアップロードすることを固く禁じます。

人気連載

danger
イタコ、霊媒、エロ祈祷…エログロナンセンスな超常現象ドキュメンタリー『恐怖・怪奇・悪霊 超常現象の世界』とは?

イタコ、霊媒、エロ祈祷…エログロナンセンスな超常現象ドキュメンタリー『恐怖・怪奇・悪霊 超常現象の世界』とは?

※こちらは2020年の記事の再掲です。 ――絶滅映像作品の収集に命を懸ける男・...

2024.02.27 08:00奇妙
青酸カリで人を殺すのは意外と難しい。推理小説のトリックは概ね間違いだった!?

青酸カリで人を殺すのは意外と難しい。推理小説のトリックは概ね間違いだった!?

【ヘルドクター・クラレの毒薬の手帳 第1回、青酸カリ/後編】  ※本記事は2...

2024.02.07 08:00科学
【毒薬の手帳】ググっても出てこない、青酸カリの本当の話

【毒薬の手帳】ググっても出てこない、青酸カリの本当の話

本記事は2015年に掲載された記事の再掲です。 【ヘルドクター・クラレの毒薬の...

2024.02.06 08:00科学
九州地方で正月に行われていた飲尿儀式の伝統があった!?

九州地方で正月に行われていた飲尿儀式の伝統があった!?

※本記事は2018年の記事の再掲です。 【日本奇習紀行シリーズ】 九州地方 ...

2023.12.30 08:00奇妙
“神の領域”を見た超能力者「赤松瞳」人類を救うために彼女が残したものとは…

“神の領域”を見た超能力者「赤松瞳」人類を救うために彼女が残したものとは…

不思議ジャーナリスト・広瀬学が渋谷クロスFMのラジオ番組のレギュラー出演者にな...

2024.05.20 18:00スピリチュアル

ゾウがたった一撃で男を…!狂暴化したゾウが人間を襲撃する瞬間を捉えた映像3選のページです。などの最新ニュースは好奇心を刺激するオカルトニュースメディア、TOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル

18歳未満閲覧禁止

ここから先のコンテンツには、過激でグロテスクな表現と画像が含まれます。そういったものが苦手な方は、強い精神的不快感を覚える可能性があるため閲覧はお控えください。また、18歳未満の方の閲覧を禁止いたします。閲覧される方は必ず各自の責任を持ってご覧下さい。

閲覧しますか?