恐竜はカナダの山奥で今も生きている! 全長15メートル、体重40トンの「ケラトサウルス」が… 探検隊の衝撃目撃談

 はるか大昔に絶滅した恐竜だが、“生きた恐竜”とも呼ばれるコモドドラゴンは今でも健在だ。とすれば、恐竜もまたどこか人跡未踏の地でヒッソリと生き長らえているかもしれない? かつてカナダ北部の山奥で“生きた恐竜”が2度目撃されていたという記録が残っている。

■シカ狩りのハンターが巨大な足跡を発見

 かつてフランスで刊行されていた雑誌「Je sais tout」(1908年4月15日号)に掲載されたジョルジュ・デュピュイ氏による記事は、カナダのユーコン準州で目撃された「パートリッジ川の怪物」(Partridge River Monster)の遭遇体験談である。

恐竜はカナダの山奥で今も生きている! 全長15メートル、体重40トンの「ケラトサウルス」が… 探検隊の衝撃目撃談の画像1
「Mysterious Universe」の記事より

 サンフランシスコの銀行家であるジェイムズ・ルイス・バトラー氏が地元の金鉱労働者であるトム・リーモア氏の助力を得て当時の金持ちの趣味の1つであったヘラジカ狩りに出かけた時の話である。ユーコン準州クリアクリーク一帯を歩き回った2人は、3頭のヘラジカの足跡を発見した。

 気づかれないように足跡の先を追った2人だったが、しばらくするとついにヘラジカの姿が視界に入った。腰をかがめて様子をうかがっていた2人は、シカたちの異変に気づく。

 1頭のシカが森の木立の奥を見て突然怯えたような挙動を見せ、ほかの2頭も“それ”に気づいたのか3頭とも、パニックを起こしたようにその場を足早に去っていったのだ。

 何が起こっているのか状況が飲み込めない2人であったが、ハンティングを諦めたわけではない。再びシカを追っていくと、ぬかるんだ地面に深々とプレスされたとてつもなく巨大な足跡に出くわすことになった。

 足跡の幅は75センチ、長さは150センチもある巨大なもので、左右の足跡の間には60センチほどの尻尾を引きずったような跡もあったということだ。2人はその足跡が向かう先を追って行くと、パートリッジ川に入水する格好で途絶えていた。

 ただ事ではない事態に直面していると考えた2人は、いったんアームストロング川にあるキャンプ地に戻り、支援を要請することにした。そしてそこで出会ったのが、この記事を執筆したジョルジュ・デュピュイ氏とフランス人宣教師のピエール・ラヴァニュ氏、加えて地元の5人のネイチャーガイドであった。

恐竜はカナダの山奥で今も生きている! 全長15メートル、体重40トンの「ケラトサウルス」が… 探検隊の衝撃目撃談の画像2
ユーコン準州の自然エリア 「Mysterious Universe」の記事より

 こうして探検隊としてチームを組んだ彼ら一行は、巨大な足跡の謎を突き止めるべくキャンプ地を後にしたのである。

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ