【閲覧注意】4歳男児の小腸に膨大な回虫… 鳥肌必死の手術風景! 腹痛、吐き気、便秘の果てに…=カメルーン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント5
関連キーワード:

,

,

,

,

,

※ 2頁目に衝撃的な画像を掲載しています。苦手な方は文章のみご覧ください。

【閲覧注意】4歳男児の小腸に膨大な回虫… 鳥肌必死の手術風景! 腹痛、吐き気、便秘の果てに…=カメルーンの画像1
イメージ画像:「Getty Images」

 アフリカ西部にあるカメルーンで、胃の痛みを訴えていた4歳の男の子が病院で手術を受けたところ、腸の中から大量の回虫が出てきたという。医療専門サイト「Journal of Medical Case Reports」が伝えた。

 少年は胃痛のほか、吐き気や腹部の膨張、深刻な便秘状態が6カ月も続いたことから、病院に運ばれてきたという。

 少年の家から一番近い診察所も70km以上離れており、貧しかったため、家族は少年をそこへ連れていくお金もなかった。

 病院で少年は、小腸への回虫症と診断された。これは世界的に見るとよくあるもので、主に2~10歳の約800万人が毎年感染するという。特に貧困国では衛生環境が悪いことから、なんらかの形で誤って人糞を吸い込んでしまうことが原因となっている。

※ 次頁に衝撃的な画像を掲載しています。苦手な方はTOPにお戻りください。

関連キーワード

コメント

5:匿名 2019年7月21日 07:44 | 返信

3
お前はガチの馬鹿なのか?
それともギャグのつもりなのか?

4:匿名 2019年7月20日 19:28 | 返信

>>2分かります、早く日本からチョーセンヒトモドキを追い出さないと子孫の未来が危ないと思います

3:匿名 2019年7月20日 18:21 | 返信

>> 2

すいませんwできれば日本語で話していただけますか?w何を言っているのかわかりません半島の国の言葉ですか?wwww

2:特命 2019年7月20日 03:52 | 返信

我が国内に寄生する大量のチョーセンヒトモドキの駆除も必要

ヒトモドキ症を防ぐためには反日ハゲのケータイを使い、K(クソ)POPにうつつを抜かし、南鮮旅行をする脳内お花畑に衛生教育を施していくかが重要になってくる

1:匿名 2019年7月20日 02:14 | 返信

山盛りのもやし…

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。

18歳未満閲覧禁止

ここから先のコンテンツには、過激でグロテスクな表現と画像が含まれます。そういったものが苦手な方は、強い精神的不快感を覚える可能性があるため閲覧はお控えください。また、18歳未満の方の閲覧を禁止いたします。閲覧される方は必ず各自の責任を持ってご覧下さい。

閲覧しますか?