奇習! “性行為ができない人”を縛り上げ、SEXを見せつける…! 性的不能者を生殺しにする西日本のおぞましき伝統

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント4

【日本奇習紀行シリーズ 西日本】

奇習! 性行為ができない人を縛り上げ、SEXを見せつける…! 性的不能者を生殺しにする西日本のおぞましき伝統の画像1
画像は「getty images」より引用

 2010年に公開された白石和彌監督の映画『ロストパラダイス・イン・トーキョー』では、知的障害を負った兄(演・ウダタカキ)を持つ弟・幹生(演・小林且弥)と、そんな彼に依頼される形で、彼の兄の性処理のために派遣されてきた地下アイドルのデリヘル嬢・マリン(演・内田慈)との複雑な人間模様が描かれていたが、この映画に登場する知的障害を負った兄・実生のように、何らかの事情で自分で性処理ができない人間にとっては、まさに生き地獄と呼ぶに相応しい蛮行が行われていた地域が、かつての日本には存在していたという。

 

「そうね、みんながみんな、自分でそういうこと(※性処理)ができるとも限らんわけでね。けど、自分でできない人間っていうのは、このあたりじゃとんだ冷や飯を食わされていたものだよ」

 

 かつて西日本のとある地域で行われていたという、その忌むべき習慣についてそう語るのは、当地で生まれ育ち、現在もその余生を送る横川源一郎さん(仮名・87)。横川さんの話によれば、その昔、当地においては、障碍などの理由から、自分で性処理が行えない者に対して、“あまりに残酷で、あまりに理不尽な仕打ち”が、日常的に行われていたのだという。

 

「昔はね、病気や普通の怪我もそうだけども、傷痍軍人なんかも多かったからね。そういう人らのなかには、いくらそういう気持ちはあっても、自分で“ナニ”できない人も多かったの。けど、ここいらの連中っていうのは、本当に冷たい人間ばかりでね。そういう人らを縛り付けてね、その前で“ナニ”してみせるっていう、正真正銘の生殺しにしてたんだよな」

コメント

4:匿名 2019年8月19日 03:35 | 返信

>> 3

シャムのような明らかにただの障害者の人を叩いて面白がれるのはマジでジャップだけだと思う。他の先進国ではまず考えられない。恥ずかしい国になったものだ。
でも韓国もなかなかの民度の低さだからこの二国が今後戦争に発展すると噂されてるのは偶然ではなく必然でしかないと思う。

3:N国党 2019年8月19日 02:11 | 返信

ジャップ猿の冷酷さや無責任は今に始まったコトじゃない。差別大好きと弱者叩き大好きはジャップ猿のお家芸、国技だな。韓国以下の人間の集まりだもの。いや猿の集まりだな。

2:匿名 2019年8月19日 00:46 | 返信

avの見過ぎ

1:匿名 2019年8月18日 19:22 | 返信

何か日本に恨みでも?
日本を貶めるにしても低俗なテーマですね。
あなた、油のようによく燃えると思いませんか?

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。