中国美女コスプレイヤーが日本のコミケで性犯罪被害に!? 取り囲まれ、スカートの中にカメラを… 中国ネット民も激怒!

中国美女コスプレイヤーが日本のコミケで性犯罪被害に!? 取り囲まれ、スカートの中にカメラを… 中国ネット民も激怒!の画像1
男性たちによって取り囲まれた被害女性(香港01より/以下同)

 毎年8月と12月に東京国際展示場で開催される『コミックマーケット』(以下、コミケ)は、世界最大の同人誌即売会といわれている。今年は8月9日から12日までの4日間にわたって開催され、73万人もの来場者が訪れた。

 そんなコミケの目玉といえば、アニメのキャラクターなどに扮したコスプレイヤーの存在だ。近年では、海外からも多くのコスプレイヤーがコミケに参加するなど、世界規模での盛り上がりを見せている。そんな中、コスプレイヤーとしてコミケに来場した中国人女性が、会場で性犯罪の被害に遭ったと訴えている。

 ニュースサイト「香港01」によると、事件はコミケ3日目に起こった。この日、被害女性はチャイナ服のコスプレで会場入りし、来場者の注目を集めていた。女性の姿を収めようとカメラを持った数十人の男性たちが一斉に周りを取り囲んだのだが、目撃者によると女性は恐怖におびえていた様子で、中にはスカートの中にまで手を伸ばし、カメラで撮影する者もいたという。

 その後、しばらくして会場スタッフが駆け付け、男性らを引き離すまで、女性はその場から逃げることもできなかったという。

 女性は自身のTwitterで当時の状況をこう語る。

「これは(話題になっているのは)私です,何度も言った『近すぎる,離れてください』,でも誰も聞いてくれなかった..スタッフに感謝する,もし今度またこのような事が発生するならば、私はカメラマンのカメラを蹴って…(ボクシングを習っている)」(原文ママ )

 この一件が中華圏で報じられると、現地のネット民からは「カメラを使った性的暴力ではないのか。犯罪行為として取り締まるべきだ」「これだからオタクは気持ち悪いって言われるんだよな」「被害にあった女性が受けた心の傷は計り知れないものがある」と、厳しい意見を寄せている。

 また、一部中国メディアは、女性を囲んだ男性来場者たちを「加害者」として顔写真付きで報じている。オタクコンテンツは日中友好の鍵として期待されているが、この一件でケチがついてしまわなければいいが……。

文=青山大樹

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ