【速報】ロシアがまさかの「ドーナツ型の宇宙船」を開発中と発覚! エンジンなしで爆速…アッと驚く構造とは!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント3
【速報】ロシアがまさかの「ドーナツ型の宇宙船」を開発中と発覚! エンジンなしで爆速…アッと驚く構造とは!?の画像1
画像は「RT」より

 ロシアが「ドーナツ型宇宙船」の開発に乗り出したことが明らかになった。ロシア国営ニュース「RT」(10月5日付)が報じている。

 このドーナツ型宇宙船は太陽を利用した推進システムを持つ。表面にコーティングされた特殊な物質が、太陽に近づくにつれて蒸発し、推進力を生むのだ。これにより重いエンジンを搭載する必要性がなくなる。

 さらに、エンジンを搭載していないにも関わらず、既存のどんな探査機よりも速く移動することができる。太陽系の終端には彗星が生まれると考えられている、謎に包まれたオールトの雲(太陽系の外側を球殻状に取り巻いていると考えられている理論上の天体群)があるが、このドーナツ型宇宙船ならそこに最速で到達し、観測することが可能となる。

「他の恒星までのフライトには膨大な時間がかかります。NASAの無人宇宙探査機であるボイジャー1号ではオールトの雲に到達するまで300年かかりますが、我々のドーナツ型宇宙船なら、20~30年で行くことができるのです」

 そう語るのはロシア・サマーラ大学のオルガ・スタリノヴァ教授だ。教授によると、次の世代は遂に太陽系の終端を研究することができ、さらには太陽系形成の秘密にも迫れるようになるとのことだ。

【速報】ロシアがまさかの「ドーナツ型の宇宙船」を開発中と発覚! エンジンなしで爆速…アッと驚く構造とは!?の画像2
画像は「getty images」より

 興味深いことに、ドーナツ型宇宙船で火星を温めることさえ将来的にできるようになるかもしれないという。宇宙船に反射材を取り付け、太陽光を火星に照射するというのだ。以前、テスラCEOのイーロン・マスク氏が、火星を核攻撃することで大気温を上昇させるプランに言及したが、それよりもずっと安全だろう。

 現在、研究者らは、機体を燃やさずに太陽に最接近する方法を模索中とのことだ。実現すれば天文学界に大きな影響を与えることになりそうだ。

 ところで、ドーナツといえばドーナツ型UFOが思い起こされる。特に国際宇宙ステーション(ISS)はドーナツ型UFOの遭遇が多い。トカナでも「虹色ドーナツ型UFO」「ドーナツ型クラゲ生物」などを取り上げてきたが、最近も「リング型UFO」がISS搭載のカメラに撮影され話題になった。

人気連載
「あなたが恋愛で苦労する理由」がわかる毒りんご占い!当たる占い師Love Me Doの恋愛診断!

「あなたが恋愛で苦労する理由」がわかる毒りんご占い!当たる占い師Love Me Doの恋愛診断!

■あなたが恋愛で苦労するのはなぜなのか 「あなたがイメー...

人気連載
「あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛」本当にあった愛人の怖い話! 父の美しい愛人、狂いゆく母…怪談『水の女』!

「あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛」本当にあった愛人の怖い話! 父の美しい愛人、狂いゆく母…怪談『水の女』!

作家・川奈まり子の連載「情ノ奇譚」――恨み、妬み、嫉妬、性愛...

コメント

3:波平 2019年10月8日 08:25 | 返信

「あっと驚く主婦の味方だよ」

2:聖帝 2019年10月8日 06:57 | 返信

アメリカのTR3Bは有名だがロシア性のは聞かないな。誰か知ってるか?

1:匿名 2019年10月7日 18:09 | 返信

隠れる隠す意味分からん。ロボットなら生命維持不要、喰わなくとも排泄もいらない。動力エネルギーだけで宇宙を移動しまくれるだろう。隠れるのはよほど地球生命を気にしてるのか。

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。