• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント1

 月と地球は同一の“材料”からできていた!? 月誕生の謎に新たな仮説が登場している。地球も月も同じ“ドーナツ”から生まれたというのだ。

synestia1.JPG
Daily Mail」の記事より


■月分裂説に新たな光明“シネスティア説”とは

 今年は皆既月食が2度も見られ、なにかと月の話題が多かったが、実は月がどうやって誕生したのかはまだよくわかっていない。

 人類初の月への有人宇宙飛行計画「アポロ計画」の各ミッションでわかったことは、月と地球の“成分”はほとんど同じであるという事実である。

 月の誕生を説明するものとして有力視されている「ジャイアント・インパクト説」は、大昔の地球に小惑星や彗星などが衝突し、砕け散った天体と衝突の衝撃で地球から舞い上がった岩石が衛星軌道上で混ざり合い、長い時間をかけて融合して月になったという説である。しかし、このジャイアント・インパクト説が本当であれば、月と地球の土壌などの“成分”つまり同位体比がかなり違っているはずだ。

 他にもまったく違う場所で生まれた月が地球の重力に捕らえられたとする“捕獲説”もあるが、どうも決定打に欠けている。しかし、一方で地球の一部がちぎれて月になったという“分裂説”には新たな光が当てられているようだ。分裂説に光明を与えているのが最近になって新たに登場した“シネスティア説”である。まったくもって奇抜な仮説なのだが、いったいどうやって月が誕生したというのだろうか。

synestia2.JPG
シネスティア(synestia)「Daily Mail」の記事より


■地球も月も同じ“材料”から作られた

 米・カリフォルニア大学デービス校とハーバード大学の共同研究チームが昨年3月に発表した研究では、地球と月の誕生に関するユニークな仮説を打ち出している。

 研究チームはまず、今の地球がある場所で2つの惑星がもの凄いスピードでぶつかり合い、そのインパクトで発生した摂氏2200~3300度の高温によりドロドロに溶けながら一部は気化した状態で混ざり合い、ブヨブヨしたドーナツのような形状の状態になったと説明している。このドーナツ状態を研究チームはシネスティア(synestia)と名づけた。

コメント

1:匿名2018年11月20日 05:04 | 返信

ぽぽぽぽーん

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。