初対面の男女が人前で“即SEX”するマッチング風習が実在した! 肌の相性を確認し合う伝統的「再婚トライアウト」の実態暴露!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0

【日本奇習紀行シリーズ 近畿地方】

初対面の男女が人前で即SEXするマッチング風習が実在した! 肌の相性を確認し合う伝統的「再婚トライアウト」の実態暴露!の画像1
画像は「getty images」より

「捨てる神あれば拾う神あり」とはよく言ったもので、相手方に三行半を突きつけられたような人間でも、その後に出会った別の相手から熱望される形で、その伴侶となるケースは、今も昔も変わらず存在している。今回ご紹介する風習は、まさにそんな男女の妙を垣間見ることができるものであるといえそうだ。

 

「一度や二度でうまくいかなくったって、三度目でうまくいく場合だってある。だからここいらじゃね、昔はそういう機会を設けていたんだよ」

 

 その昔、近畿地方のとある地域で行われていたという、「バツイチ男女」たちにまつわる奇妙な風習についてそう語りはじめたのは、当地で生まれ育ち、現在も屠畜業を営んでいるという安田永三さん(仮名・80)。安田さんの話によると、その昔、当地においては、何らかの事情で離縁された男女が、再婚を目指す形で参加するマッチングイベントともいうべき行事が、定期的に行われていたのだという。

 

「まあ、いろんな事情はあるにせよ、一度は添い遂げようと思った相手に、三行半を突きつけられて別れるっていうのは、昔からあったわけ。男も女も。けど、このあたりじゃ、そういう男と女を集めてね、集団見合いとでもいうのかな。そういう催しを開いてね、再婚相手を見つけさせるっていう習慣があったんだよな」

 

 現代でこそ、バツイチやバツニ程度であれば、比較的容易に、再婚相手を見つけることができるようになってはいるものの、離縁されることがある種の「恥」として認識されていた時代に、再婚相手をマッチングさせる習慣があったと聞けば、驚きを禁じえないというのが正直なところ。しかもそうした会においては、「肌の相性」を確認する目的で、人目を憚ることなくいきなり性行為に及ぶ男女も珍しくなかったというから、現代の我々からすれば、にわかに信じ難い内容であるといえる。しかし思いのほか、当地におけるこの習慣は機能していたようで、佐藤さんによると「男も女も、7、8割は再婚できたように思う」のだという。

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。