奇習! のぞき穴でセックス見放題… “相互鑑賞SEX”の伝統! 東北に実在か… 経験者に取材!

【日本奇習紀行シリーズ 東北地方】

奇習! のぞき穴でセックス見放題… 相互鑑賞SEXの伝統! 東北に実在か… 経験者に取材!の画像1
画像は「getty images」より

 人間というものが持つ悲しい性なのか、どんなに熱烈な恋心を抱いて結ばれた男女であっても、何度も肌を重ねていくうちに、その情熱はいつしか薄れてしまい、新たな異性を求めてしまうものだ。その結果、不貞行為を働いてしまい思わぬ騒動へと発展しまうこともしばしばであるが、この世の中には、そうしたトラブルを避ける目的で、奇妙な風習が行われていたケースが存在していたようだ。

「やっぱりね、人から見られているっていうのは、それだけで興奮するもんなんだよ」

 かつて東北地方のとある地域に存在していたという、村人たちの“相互鑑賞セックス”ともいうべき、なんとも奇妙な行為についてそう語りはじめたのは、当地で生まれ育ち、現在もなお、長男一家とともに果樹園を営んでいる新谷守さん(仮名・80)。新谷さんの話によれば、当地で暮らす男女の多くが、その朴訥(ぼくとつ)とした雰囲気とは裏腹に、互いのセックスを見せあった経験があるのだという。

「いやね、このあたりじゃ、昔から娯楽なんてありゃしないもんだからね、やることっていったらアレだけなわけ。けど、同じ相手とばかりじゃ飽きてくるし、かといって、よその相手に手を出せば揉め事になるわけでね。だからああいう習慣が生まれたんだと思うよ」

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ