妊婦の初乳に群がる村人たち、赤ん坊のように乳首に吸い付き…! 北関東に実在した伝統的健康祈願

【日本奇習紀行シリーズ 北関東】  

妊婦の初乳に群がる村人たち、赤ん坊のように乳首に吸い付き…! 北関東に実在した伝統的健康祈願の画像1
画像は「getty images」より

 多くの人々にとっては心底どうでもよいようなことも、一部の人にとっては執着の対象であるというケースは、古今東西、特段珍しいものではないが、その「対象」にまで目を向ければ、極めて希有な例もあるようだ。


「こだわりって言えるかどうかはわからないけど、みんなで先を争ってやっていたのはたしかだろうね」 

 自身が生まれ育ち、就職で上京するまで暮らしていたという北関東のとある地域で行われていたという珍妙極まりない習慣について語りはじめたのは、現在、都内の特別養護老人ホームで余生を過ごす根本善吉さん(仮名・84)。根本さんの話によると、その昔、彼の住んでいた地域においては、出産したばかりの女性に対し、実に奇妙な行為が行われていたのだという。


「まぁ、簡単に言えば、赤ん坊を生んだばかりの女のね、最初のお乳をさ、親兄弟はもちろん、隣近所の人間も集まって、みんなで飲むっていう風習だね」

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ