感染症の怖い奇習 ― 患者の家に放火して“なかったこと”に… かつて行われた非人道的な伝染病対策とは=西日本

【日本奇習紀行シリーズ 西日本】

感染症の怖い奇習 ― 患者の家に放火してなかったことに… かつて行われた非人道的な伝染病対策とは=西日本の画像1
画像は「ゲッティイメージズ」より引用

 今年に入ってからというもの、巷では新型コロナウイルスが猛威をふるい、大変な騒動となっているが、かつてこの国の一部の地域では、迫りくる疫病の脅威に対し、当世では考えられぬような方法で対処していたという。


「そんな、非常識だの非人道的だのなんだのと言われたってね…… とにかく昔はそういう決まりになってたんだよ」


 西日本のとある地域に定着していたという公衆衛生に関する誤った認識と、そこから生まれたであろう忌まわしい習慣についてそう語りはじめたのは、当地で生まれ育ち、二十歳過ぎまで暮らしていたという前澤剛さん(仮名・84)。前澤さんの話によれば、大昔はもちろんのこと、戦後しばらくの時期までは、地域で疾病などが流行るたびに、あらぬ形で対処してきた歴史があるという。


「今じゃ考えられないことだけども、昔は薬の効かない新しい病気だとか、薬があっても高くて買えないような病気にかかるとさ、それ以上、被害が出ないように、病人の出た家をこっそり夜中に火をつけて燃やしてしまうことがよくあったね」

コメント

4:匿名 2020年3月22日 21:17 | 返信

日本人も朝鮮人も同じじゃんw

3:匿名 2020年3月22日 17:54 | 返信

それ昨日、北朝鮮で起きた事件じゃんw

2:匿名 2020年3月22日 15:32 | 返信

→1

まぁ、典型的土人猿の考え方だな。異なる者は基本排除もしくは隠蔽。単一民族幻想横並びで安心する腐った人間性。農耕島国は綺麗な均等な作物を尊ぶ。土地は貧しく水も貴重な土地で生まれた狩猟民族は横並びだと全滅する。狩猟に優れた異能なる者を尊ぶ傾向。だが太陽と水が抱負にあって努力や工夫がなくても生きていける良い環境が住む人間から思考工夫を奪う。ジャップ土人猿はみんなが滅ぶなら喜んで滅びる。ごくフツーや横並びが大好きだから 生き残ったら悪いと考える変態民族。ジャップ土人猿が論理的思考より精神論根性論がまず優先するのは知能が足りないコトよりそもそも考えるというコトを放棄してる変わった民族である。

1:匿名 2020年3月22日 08:24 | 返信

コロナに感染していたり感染の可能性が高いのにウロウロしまくる連中は
狩り集めて焼却処分するしかない

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。