感染症の怖い奇習 ― 患者の家に放火して“なかったこと”に… かつて行われた非人道的な伝染病対策とは=西日本

【日本奇習紀行シリーズ 西日本】

感染症の怖い奇習 ― 患者の家に放火してなかったことに… かつて行われた非人道的な伝染病対策とは=西日本の画像1
画像は「ゲッティイメージズ」より引用

 今年に入ってからというもの、巷では新型コロナウイルスが猛威をふるい、大変な騒動となっているが、かつてこの国の一部の地域では、迫りくる疫病の脅威に対し、当世では考えられぬような方法で対処していたという。


「そんな、非常識だの非人道的だのなんだのと言われたってね…… とにかく昔はそういう決まりになってたんだよ」


 西日本のとある地域に定着していたという公衆衛生に関する誤った認識と、そこから生まれたであろう忌まわしい習慣についてそう語りはじめたのは、当地で生まれ育ち、二十歳過ぎまで暮らしていたという前澤剛さん(仮名・84)。前澤さんの話によれば、大昔はもちろんのこと、戦後しばらくの時期までは、地域で疾病などが流行るたびに、あらぬ形で対処してきた歴史があるという。


「今じゃ考えられないことだけども、昔は薬の効かない新しい病気だとか、薬があっても高くて買えないような病気にかかるとさ、それ以上、被害が出ないように、病人の出た家をこっそり夜中に火をつけて燃やしてしまうことがよくあったね」

人気連載
トランプ大統領が「逆転」するシナリオは2つ! 勝つ確率はかなり高い、ナンシー・ペロシも…! ジェームズ斉藤解説

トランプ大統領が「逆転」するシナリオは2つ! 勝つ確率はかなり高い、ナンシー・ペロシも…! ジェームズ斉藤解説

【連載:某国諜報機関関係者で一切の情報が国家機密扱いのジェー...

人気連載
封印映画『罵詈雑言(バリゾーゴン)』絶滅映像作品の収集に命を懸ける男・天野ミチヒロがぶった切る!

封印映画『罵詈雑言(バリゾーゴン)』絶滅映像作品の収集に命を懸ける男・天野ミチヒロがぶった切る!

――絶滅映像作品の収集に命を懸ける男・天野ミチヒロが、ツッコ...