奇習! 雛人形の代わりに全裸の女児を並べて“発育確認”…! 西日本の寒村で行われた珍妙な「桃の節句」

【日本奇習紀行シリーズ 西日本】

奇習! 雛人形の代わりに全裸の女児を並べて発育確認…! 西日本の寒村で行われた珍妙な「桃の節句」の画像1
画像は「ゲッティイメージズ」より

 一般に「桃の節句」といえば、女児のために雛人形を飾ったりと、実に楽しげなお祭りとなっているが、世の中にはなんとも珍妙な形で祝うケースも少なからず存在していたようだ。

 

「そうね、よその人らからすればおかしな風習かもわからんね(笑)」

 

 その昔、西日本のとある寒村で行われていたという“珍妙な桃の節句”についてそう語りはじめたのは、自身も当地で生まれ育ち、今なお高級魚の養殖業を営んでいる佐々木要蔵さん(仮名・83)。佐々木の話によると、当地においては雛人形の代わりに裸の女児を並べるという、にわかに信じ難い行為が行われていたという。

 

「桃の節句にはね、村の庚申堂の石段にさ、女の子を連れて行って裸で並ばせるの。それをみんなで眺めながらね、お祝いするんだよ」

 

 たしかに、人形ではなく本物の人間が、雛壇状に並ぶという行為自体は、現在でも様々な形で行われているが、それが裸の女児で、かつ、「桃の節句」に行われているとなれば極めて珍しいケース。その意図も含めて実に不可解だ。

関連キーワード

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ