「フェラチオの英才教育」を施された幼女たちの実態! 大物政治家や大企業トップをつなぎとめた温泉街の性技

【日本奇習紀行シリーズ 西日本】

「フェラチオの英才教育」を施された幼女たちの実態! 大物政治家や大企業トップをつなぎとめた温泉街の性技の画像1
画像は「ゲッティイメージズ」より引用

 梨園(歌舞伎界)に生まれた子供たちが、幼くして難解なセリフ回しを修得するように、農家に生まれた子供たちが、子供の頃から農作物に詳しくなるように、人というものは、その生まれた環境によって、実に様々な形で芸や知識を得るものであるが、この広い世の中には、なんとも“珍妙な技”を、集落全体で子供たちに修得させていたケースがあるようだ。

 

「大人だろうと子供だろうと、体のつくり自体はさほど変わらんからね。それに、早い時期からそういうことを仕込んでおいたほうが、本人のためだろうし。なにせ、芸は身を助くというからね」

 

 かつて西日本のとある温泉場で行われていたという、子供たちへの「教育」についてそう語りはじめたのは、現在もなお、当地で代々続く老舗の温泉旅館で帳場を切り盛りしている高井精一さん(仮名・80)。なんでも高井さんの話によると、その昔、当地で生まれた女児たちに対して、幼くしてフェラチオを練習させるという、にわかに信じ難い習慣が存在していたのだという。

 

「大っぴらには言えやしないけれどもね、昔、このあたりに活気があった頃っていうのは、温泉場というよりは、色町として栄えてたわけ。ここいらの女たちを二号さんのようにして、わざわざ関東からやってくる旦那衆も多かったぐらいでね。でも、そうやって目の肥えた旦那衆を虜にできたのも、子供の頃からああいう“芸”を、女たちが仕込まれてきたからなんだよ」

 

 現在でもなお、西日本指折りの温泉場として知られている当地ではあるが、そうした名声が生まれた背景には、「色町としての実力」が大きく影響していたのだという。要はその「実力」の元となったのが、当地で男性たちを骨抜きにしていた“プロの女性”たちであり、そんな彼女たちが幼き日からレッスンを受けて修得していたというフェラチオテクニックだったというわけだ。

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ