【緊急】北海道で惑星X「ニビル」の映像が撮影される! トカナが自衛隊に取材「正体不明」と回答、本物の未確認飛行物体だ!

関連キーワード:

,

,

,

,

【緊急】北海道で惑星X「ニビル」の映像が撮影される! トカナが自衛隊に取材「正体不明」と回答、本物の未確認飛行物体だ!の画像1
画像は「YouTube」より


 太陽系の一番外にあるとされる惑星「プラネットX」。古代シュメール文明では「ニビル」と呼ばれ、地球に壊滅的被害をもたらすと恐れられている惑星だ。数千年に一度のスパンで太陽系に到来してくると言われているが、この度、なんと日本国内でニビルらしきものが撮影されたというのだ!

 日本で撮影されたとされるニビル動画を公開したのはニビル専門のYouTubeチャンネル「Planet X」。車内から撮影されたと思しき映像には、小型の太陽のような光り輝く火の玉が映っている。撮影者の男性は日本語でその状況を伝えている。

 もし、ニビルがこれほど地球に接近しているとしたら一大事だが、どうもこの火の玉は1つではない。2つ、3つと複数見られるのだ。また、どうやら上空から落下しているように見られ、煙も上がっている。一体これは何なのだろうか?

 トカナが独自に調査したところ、動画の撮影者はYouTuberの「白武士」さんで一週間前にアップロードされているものと判明。撮影場所は北海道上川地区とのことだ。YouTubeのコメント欄で、「軍事用フレアではないか?」と指摘されていたこともあり、撮影場所に最も近いと思われる陸上自衛隊旭川駐屯地に確認を取ってみた。

関連キーワード

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ