意中の女子にこっそり精子を“ぶっかけ”て…! 西日本某所に実在した伝統的「縁結び祈願」とは!?

【日本奇習紀行シリーズ 西日本】  

意中の女子にこっそり精子をぶっかけて…! 西日本某所に実在した伝統的「縁結び祈願」とは!?の画像1
画像は「ゲッティイメージズ」より引用

 世の中には実に変わった性癖を持っている人がいるもので、そうした人々が抱えている想いは、時として「儀式」や「習慣」を生んでしまうことがあるようだ。

 

「そりゃあね、よその人からすりゃあね、痴漢でしかないだろうよ。けどね、俺らにとっちゃ、れっきとした儀式なの。儀式。わからないかねぇ……」

 

 西日本のとある地域で行われていたという、祭礼の際の奇妙な行為についてそう語りはじめたのは、当地で生まれ育ち、現在もなお、大手自動車メーカーの下請けで部品の製造を行う小さな工場を経営する填島務さん(仮名・84)。填島さんの話によれば、現在でも毎年行われるという当地の秋祭りにおいて、その昔、にわかに信じ難い行為が、「ご利益がある」とされ、公然と行われていたのだという。

 

「祭りの日になるとね、とにかく隣近所の集落からも大勢の人が集まってくるからね、前に進むのもやっとなぐらいに混むのよ。要はね、そのどさくさに紛れてさ、自分の気になる女に、こっそりとぶっかけてやるわけ」

 

 現在でも電車やバスなどの車内で、女性客に対し、ドサクサでこっそりと射精するという痴漢行為を働く不届者は少なからず存在していると聞くが、当地ではそれと似た行為を、祭りの混雑に乗じて行うのだという。しかもその相手というのは、日頃から気になっている意中の女性。無論、当の女性たちからすれば、迷惑でしかない。

 

「そりゃあね、普通に祭りを楽しんでいるのに、ふと気づいたら変なもんが引っかかってるんだからさ、女からすりゃあ嫌だろうよ(苦笑)。けどね、それを首尾よくやってのけたら、片想いが両想いになるだなんて信じられていたもんだからね、みんなここいらの男たちは、血眼になってシゴいてたもんさ」

人気連載
新郎との初夜の前、実父に“味見”される新婦!「娘は父親の所有物」歪んだ価値観が生んだ近親相姦の伝統とは!?=西日本

新郎との初夜の前、実父に“味見”される新婦!「娘は父親の所有物」歪んだ価値観が生んだ近親相姦の伝統とは!?=西日本

【日本奇習紀行シリーズ 西日本】  とかく、その当事者...

人気連載
日本一詳しい「Qアノン」情報、某国諜報部員が暴露!Twitterとトランプ…SNSの陰謀全構図!

日本一詳しい「Qアノン」情報、某国諜報部員が暴露!Twitterとトランプ…SNSの陰謀全構図!

【連載:某国諜報機関関係者で一切の情報が国家機密扱いのジェー...

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ