夫婦のセックスを細かく記録、書いたら次の夫婦に渡して…! 集落全体でマンネリ化を防止する伝統的「性の回覧板」とは!?=西日本

【日本奇習紀行シリーズ 西日本】

夫婦のセックスを細かく記録、書いたら次の夫婦に渡して…! 集落全体でマンネリ化を防止する伝統的「性の回覧板」とは!?=西日本の画像1
画像は「ゲッティイメージズ」より引用

 “過去の恋人”による破廉恥な暴露話が、ゴシップ誌上を賑わせることについて、日々、戦々恐々とする有名芸能人たちを見ればよくわかることであるが、特殊な性癖を持つ人々はともかく、多くの人々にとって、自らの“秘め事”を公にすることは、羞恥を掻き立てられる行為以外の何物でもない。しかし、その一方で、そうした行為を好む人々が一定数存在するということもまた、紛れもない事実である。

 

「そうね、このあたりじゃ、たしかに昔はそういう“嗜み”があったね」

 

 かつて西日本のとある地域で行われていたという、“極めて特殊なプレイ”とものいうべき“性”にまつわる習慣についてそう語るのは、愛妻亡き今も、当地でひっそりと余生を送る西村清十郎さん(仮名・82)。西村さんの話によると、その昔、当地の夫婦たちは、回覧板よろしく“交換日記”を回し合うことで、お互いの性生活を知らせ合うという、にわかに信じ難い行為を行っていたのだという。

 

「さすがに毎日書いて回すわけじゃないんだけども、ナニをした日は、その内容を帳面に書いて、夜が明ける前に、次の家の軒先に引っ掛けておくことになってたよ。そう、嫁さんとのナニを事細かにね。どんなことをして、何回果てたか、とか。そういうこと。でもね、終わった後、詳しく書いてすぐに回さないといけない決まりだったもんだからね、だいたい徹夜になっちまうんだよな(苦笑)」

人気連載
新郎との初夜の前、実父に“味見”される新婦!「娘は父親の所有物」歪んだ価値観が生んだ近親相姦の伝統とは!?=西日本

新郎との初夜の前、実父に“味見”される新婦!「娘は父親の所有物」歪んだ価値観が生んだ近親相姦の伝統とは!?=西日本

【日本奇習紀行シリーズ 西日本】  とかく、その当事者...

人気連載
日本一詳しい「Qアノン」情報、某国諜報部員が暴露!Twitterとトランプ…SNSの陰謀全構図!

日本一詳しい「Qアノン」情報、某国諜報部員が暴露!Twitterとトランプ…SNSの陰謀全構図!

【連載:某国諜報機関関係者で一切の情報が国家機密扱いのジェー...

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ