【近親相姦】「本当の親が不明」の村人ばかり! 東北の寒村に隠された“おぞましい身内セックス”とは!?

【日本奇習紀行シリーズ 東北地方】

【近親相姦】「本当の親が不明」の村人ばかり! 東北の寒村に隠されたおぞましい身内セックスとは!?の画像1
「ゲッティ」から引用

 男女の関係というのは実に不思議なもので、一見したところは何らおかしな点がなくとも、後になってよくよく調べてみれば、なんとも奇妙なものであったということも珍しくない。

 

「ここいらで生まれた連中からするとね、俺なんかは所詮、よそ者だから。最初は何も知らなかったし、気づきもしなかったぐらいだよ」

 

 かつて東北地方のとある地域で行われていたという、なんとも奇妙な男女の交流についてそう語るのは、隣県で生まれ、その後、結婚を期に移り住み、現在まで暮らし続けているという長村虎太郎さん(仮名・84)。長村さんの話によると、その昔、当地で暮らす人々たちの間では、近親者同士の性交渉が当たり前のように行われていたのだという。

 

「俺もよその生まれだから詳しくは知らないんだけど、昔は嫁不足だったからなのか、血が繋がっていても“そういうこと”をしていたようでね。だからここいらに代々住んでいる連中は、“本当の親”がわからない連中が、わんさかいるという話だよ」

 

 深刻な嫁不足が災いする形で、近親相姦じみた忌々しい行為が行われていた例は、世界的に見ても実はさほど珍しくないというが、そうした行為が何世代にも渡って続けられ、それこそ村人の大半が“誰が本当の親かわからない”という状態にまで陥っているというケースは、少なくとも我が国においては稀有な例であるといえるだろう。

 

【近親相姦】「本当の親が不明」の村人ばかり! 東北の寒村に隠されたおぞましい身内セックスとは!?の画像2
「ゲッティ」から引用

「一番多いのは、女が兄弟に手をつけられるというやつだったみたいだけどね。俺も最初聞いたときには驚いたもんさ。さすがに今じゃこんな田舎でもんべ、よそから来る人間がぼちぼちいるもんだから、そういうことを続けているっていう連中もいなくなっちまったけどね」

 

 長村さんが語る話を知らなければ、どこの地方にもあるような平凡な寒村と、そこで暮らすごくごく普通の人々にしか見えない当地の住民たち。しかし禁忌だらけの村史を振り返れば、彼らが「ごくごく普通」ではないことに気づかされる。やはりいつの時代も、どこの場所でも、「普通」に見える人や物の中には、「普通ではないもの」がある程度、含まれているものなのかもしれない。

文・取材=戸叶和男

戸叶和男の記事一覧はこちら

※ 本記事の内容を無断で転載・動画化し、YouTubeやブログなどにアップロードすることを固く禁じます。

【近親相姦】「本当の親が不明」の村人ばかり! 東北の寒村に隠された“おぞましい身内セックス”とは!?のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル