エイリアンに童貞を奪われた男・ハギンズ氏に独占インタビュー! 「ワームホールのような穴に…」宇宙人との超快感SEX、子供も誕生!!

 4月28日、米宇宙企業「スペースX」創業者のイーロン・マスクCEOが、米Xプライズ財団を率いるピーター・ディアマンディス氏とのインタビューで、火星への有人飛行について「地球に戻って来ることはできないかもしれない」と明かして話題になっている。

 現在、我々地球人にとって移住できる可能性が最も高い惑星は火星だと考えられているが、そんな火星でさえ地球と自由に往復できないとなると、宇宙に進出した人類が子孫を絶やさず遺伝子を次世代へとつなぐためには、やはり移住先の生命体とのハイブリッドをつくるという選択肢も考慮しなければならないだろう。だが、人類の中には、すでにこの地球にやってきた宇宙人と性的行為に及んだ者がいるという事実はあまり知られていない。日本のメディアで唯一、彼に接触することに接触したトカナ渾身のインタビュー記事を再掲する。イーロン・マスクの警告が話題になっている「今だからこそ」知るべき、人類と異星人の性行為、その実態とは――!?

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

エイリアンに童貞を奪われた男・ハギンズ氏に独占インタビュー! 「ワームホールのような穴に…」宇宙人との超快感SEX、子供も誕生!!の画像1『Love and Saucers』

 無数にいるエイリアン・アブダクティー(宇宙人による拉致被害者)の中でも、一際異彩を放つ人物がいる。宇宙人に童貞を奪われ、地球外生命体とのセックスに明け暮れたデイヴィッド・ハギンズ氏だ。現在75歳になるハギンズ氏は宇宙人ガールフレンド「クレッセント」との蜜月を絵に描き続けている。

ハギンズ氏の体験の詳細はコチラ

 そんなハギンズ氏の体験と人物に迫ったドキュメンタリー映画が2017年に発表された。その名も『Love and Saucers』(愛と円盤)。映像はハギンズ氏の部屋の壁一面にずらっと並べられたSF映画のVHSから始まる。明らかにヤバそうな雰囲気が漂っているが、映像が進むにつれ視聴者の期待は裏切られることになる。クレッセントとの思い出話を語るハギンズ氏は語る内容こそ信じられないものだが、彼の人となりはどう見ても“普通”だ。精神的におかしなところは一切見受けられない。ハギンズ氏を知る近隣住民も口を揃えて「彼は普通の人だ」と語る……。

 ハギンズ氏は一体何者なのか……。そこでトカナ編集部は同作品の監督ブラッド・エイブラムズ氏にご協力頂き、ハギンズ氏に独占インタビューを敢行した。インタビュー第1回となる今回は宇宙人に童貞を奪われたハギンズ氏のインタビュー、第2回ではエイブラムズ監督のインタビューを掲載する。


――今もクレッセントと会っていますか?

ハギンズ氏 しばらく会っていない。1、2カ月前に見たように思う。年に2、3回会うこともあるけど、セックスをしたのはもう7、8年前になるよ。

エイリアンに童貞を奪われた男・ハギンズ氏に独占インタビュー! 「ワームホールのような穴に…」宇宙人との超快感SEX、子供も誕生!!の画像2ハギンズ氏とクレッセント

――クレッセントとのセックスは人間とは違いますか?

ハギンズ氏 人間よりクレッセントとのセックスの方が強烈だ。クレッセントは外面的には人間と違いがないけど、とにかく強烈だった。彼女の体は人間そっくりで性器も同じだった。肌もベリーナイスな感触だったよ。彼女を抱きしめた時、とても心地よかった。


――身体的には人間と変わらなくても性格は違うのでは?

ハギンズ氏 イエス、違うよ。クレッセントや宇宙人のハイブリッドは非人格的だ。親密な感じではあるけど、感情的ではないんだ。一つには彼女が言葉を話さないことが理由だと思う。私たちはほとんど会話をしたこともない。デートもしたことがないんだ。彼女は壁にワームホールみたいな穴を開けてやってくる。彼女の他にもグレイやカマキリのような宇宙人も連れてきてね。ベッドの上で身動きができない私の上にクレッセントが乗ってきて、彼女は自分の肌と私の肌をこすり合わせる。そして私がクライマックスに達する。彼女との遭遇はこういう感じだね。

エイリアンに童貞を奪われた男・ハギンズ氏に独占インタビュー! 「ワームホールのような穴に…」宇宙人との超快感SEX、子供も誕生!!の画像3

――クレッセントが訪ねてくると分かったら、食べ物や飲み物、一緒に観る映画など準備したりしましたか?

ハギンズ氏 しないよ。私たちは一緒に何も食べないし、飲まないし、テレビも見ない。ただ彼女にダンスを教えようとしたことはある。曲の名前は忘れちゃったけどワルツだった。それで一緒にリビングで踊っていたんだけど、彼女の足が張り付いたように地面から決して離れなかったのを覚えている。彼女は床を滑るように移動していたんだ。


――なぜ自分がクレッセントの相手として選ばれたのだと思いますか?

ハギンズ氏 オー、メーン! それは分からない。私の感覚としては私と同じ経験をしている人が私だけでなく何千何万人もいるような気がする。私に特別なところはないし、自分が選ばれた理由は本当に分からないよ。


――なぜクレッセントとのセックスを拒まないのですか?

ハギンズ氏 拒む理由がないんだ。彼女はとても良い人でラブリーなんだから。私たちはセックスをして、事が済んだら彼女は行ってしまう。彼女とのセックスはとても気持ち良いから断ったりしないよ。

エイリアンに童貞を奪われた男・ハギンズ氏に独占インタビュー! 「ワームホールのような穴に…」宇宙人との超快感SEX、子供も誕生!!のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル