ポンペイで耳と毛髪つきの「半ミイラ」出土! 2000年前の激ヤバ死体から判明した衝撃史実と正体とは!?

 火山の大噴火による壊滅的被害によって失われた悲劇の古代都市、ポンペイ――。火砕流と火山灰にすっぽり覆われた都市は皮肉にもあらゆるものを“保存”し、一帯は考古学者たちの“聖地”と化しているのだが、今回は郊外の墓地から一部がミイラ化した古代人の遺骸が発見された。


■ポンペイ遺跡で一部がミイラ化した亡骸を発見

 古代ローマの都市・ポンペイ中心部から東の郊外にはネクロポリスと呼ばれる墓地、ポルタ・サルノ(Porta Sarno)が広がっている。

 このポルタ・サルノの墓地遺跡を調査していた考古学チームが先日、1つの墓から“古代都市で発見された最も保存状態の良い骸骨の1つ”を見つけた。今から2000年近く前の墓に収められていた遺骸は、部分的にミイラ化しており、頭蓋骨には白髪と耳の一部が奇跡的に残っていた。さらにガラス瓶と布のように見える多数の副葬品も回収された。

ポンペイで耳と毛髪つきの「半ミイラ」出土! 2000年前の激ヤバ死体から判明した衝撃史実と正体とは!?の画像1
「Daily Mail」の記事より

 墓には古代ギリシア語で碑銘が刻まれており、死者の人となりまで特定されている。亡骸は死亡時で60歳のマルクス・ベネリウス・セクンディオという人物で、元奴隷ではあるが解放されてから演劇界でめざましい活躍を見せ、主な公用語がラテン語だったポンペイでギリシャ語の演劇をプロデュースするなど富裕な演劇人であったことが突き止められている。

 この時代、ポンペイでは火葬が通常であり、埋葬されるのは幼くして命を落とした子どものみであったことから、セクンディオはかなり特別な人物であったことが考えられるのだ。

 墓には青い背景に緑の植物で飾られたメインファサードがあり、その後ろにある1.5~2.5メートルの独房にセクンディオは埋葬されていた。彼がいつ埋葬されたのかについては正確に特定されてはいないが、西暦79年のベスビオ山の噴火の数十年前ではないかということだ。今からほぼ2000年前の墓ということになる。

ポンペイで耳と毛髪つきの「半ミイラ」出土! 2000年前の激ヤバ死体から判明した衝撃史実と正体とは!?の画像2
「Daily Mail」の記事より

「ポンペイ考古学公園(Archaeological Park of Pompei)」の調査チームは、この発見が破壊される前の都市の文化的生活に新鮮な光を当て、ラテン語と一緒にギリシャ語が積極的に使用されていた証拠であると述べた。

「ギリシャ語での公演が組まれていたことは、古代ポンペイを特徴付ける活気に満ちて開かれた文化的風土の証です」とポンペイ考古学公園のディレクター、ガブリエル・ズクトリーゲル氏は語る。

ポンペイで耳と毛髪つきの「半ミイラ」出土! 2000年前の激ヤバ死体から判明した衝撃史実と正体とは!?の画像3
「Daily Mail」の記事より

■多民族都市であったポンペイ

 セクンディオは演劇人であると共にポンぺイのヴィーナス神殿の管理人でもあったということだ。研究者によれば、彼は奴隷の身分から解放されると、より高い社会的および経済的地位を獲得したことが記念碑的な墓と碑文からうかがえるという。

 碑文にはアウグストゥス(ローマ帝国初代皇帝)、または帝国崇拝に捧げられた司祭グループに加わったこと、さらに彼は「4日にわたるギリシャ語とラテン語のルディをもたらした」と書かれている。古代ローマにおいて、ルディとはローマの人々の利益と娯楽のために開催された宗教的なお祭り行事であった。

「ルディ・グラエチはギリシャ語での“公演”として理解されるべきです」とポンペイ考古学公園の館長、ガブリエル・ズクトリーゲル氏は話す。

ポンペイで耳と毛髪つきの「半ミイラ」出土! 2000年前の激ヤバ死体から判明した衝撃史実と正体とは!?の画像4
「Daily Mail」の記事より

「これまで仮説に過ぎなかった、ポンペイでのギリシャ語によるパフォーマンス、その最初の明確な証拠です。ここには、大きなテッセラ(モザイク用角石)もあり、帝国初期のポンペイの多民族性もわかります。当時の地中海東岸の共通語であったギリシャ語がラテン語と並んで示されています」(ガブリエル・ズクトリーゲル氏)

 スペイン、バレンシア大学のリィオレンス・アラポン教授は「故人のミイラ化が意図的なものかどうかを理解する必要があります。布地の分析でさらなる情報が得られるでしょう」と言う。

 埋葬された遺体の衣服には、アスベストなどの特定の織物が防腐処理用に使用されたことが示唆されるという。つまり、意図的に将来ミイラになるように埋葬されたかもしれないというのだ。

ポンペイで耳と毛髪つきの「半ミイラ」出土! 2000年前の激ヤバ死体から判明した衝撃史実と正体とは!?の画像5
「Daily Mail」の記事より

 一部がミイラ化したセクンディオが発見されたポルタ・サルノのネクロポリスは、一般の観光客は入ることができないエリアなのだが、将来的には一般公開することも視野に入れ、現在さらなる調査が進んでいるということだ。今後もここポンペイ遺跡から驚きのニュースが届けられることになるのかもしれない。

参考:「Daily Mail」、ほか

文=仲田しんじ

仲田しんじの記事一覧はこちら

※ 本記事の内容を無断で転載・動画化し、YouTubeやブログなどにアップロードすることを固く禁じます。

人気連載
【怪談】洗ってもアノ匂いが消えない「スニーカーの怨念」! 遺体から盗まれた靴が勝手に…

【怪談】洗ってもアノ匂いが消えない「スニーカーの怨念」! 遺体から盗まれた靴が勝手に…

――タイ在住歴20年の私バンナー星人が、タイ社会では馴染みの...

人気連載
「YouTuberになれば大成功する人」の手相をLove Me Doが解説! あなたの“本当の発信力”が判明!

「YouTuberになれば大成功する人」の手相をLove Me Doが解説! あなたの“本当の発信力”が判明!

【手相】適職診断“発信系”の手相  今回はラブちゃんに...

人気連載
宇宙最強のエネルギー「時空転換メモリー」が入った小判!? アカシックレコードに到達も…最強波動商品3つ!

宇宙最強のエネルギー「時空転換メモリー」が入った小判!? アカシックレコードに到達も…最強波動商品3つ!

不思議ジャーナリストの広瀬学氏は、科学では解明できないこの世...

ポンペイで耳と毛髪つきの「半ミイラ」出土! 2000年前の激ヤバ死体から判明した衝撃史実と正体とは!?のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル