>  > ブラジルの自称「イエス」インリ・クリスト(66)!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
inrikurisuto.jpg
画像は、「Daily Mail」より

 世界に20億人を超える信者を持つキリスト教とは、紀元1世紀初頭にパレスチナで“神の国の福音を説く”活動を行ったナザレのイエスを、救世主キリストとして信じる宗教である。神の御子であるイエス・キリストは、罪多き人間を救うため、自ら十字架にかけられ絶命。死後3日目に復活し、天に昇ったと信じられている。

 そんなイエスの生まれ変わりを自称する者は、今、世界各地に存在する。オーストラリアのカルト団「神の真実」の教祖であるアレン・ジョン・ミラー、ロシアのシベリア地方で活動するビサリオン師こと元警官のセルゲイ・トロップ、2012年に死去したと伝えられている世界基督教統一神霊協会の設立者、文鮮明もイエス・キリストの生まれ変わりだと言っていた。


■スクーターにまたがる、ブラジルのイエス、インリ・クリスト

inrikurisuto4.jpg
画像は、「Daily Mail」より

 そして、陽気で楽天的な人が多いとされるブラジルにも、イエスの生まれ変わりであるという神のお告げを受けたという男がいる。女性信者たちに囲まれ、大型バイクや白いスクーターにまたがり、絶叫系ウォータースライドにも果敢に挑戦する、庶民的で親しみやすいインリ・クリストである。

 御年66歳になるインリ・クリストは1948年3月22日、アルバロ・テイスとして、ブラジル南部のサンタカタリーナ州インダヤウに生まれた。両親は農業を営むドイツ系の敬虔なカトリック信者だったが、父が怪我をしてしまい働けなかったことから暮らしは貧しかった。インリは幼いころから労働を強いられ、学校にはほとんど通えなかったという。ちなみに、インリは母親のことを「私を育ててくれた女」、父親のことを「女の夫」と呼んでおり、両親だとは認めていない。

関連キーワード

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。