>  > 「東京は、もはや人が住む場所ではない」日本人医師の発言話題に

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント6

 昨年の富士山の世界遺産登録や東京五輪決定のニュースは、2011年の東日本大震災が残したあまりにも大きすぎる課題に苦慮する日本社会の懸念を、一時期完全に拭い去ったかのような明るいムードをもたらした。

 しかし現在、この瞬間にも福島第一原子力発電所事故の収束、廃炉に向けた作業が続けられていることも厳然たる事実であり、その終結が遥か先のように思えるのも否めないだろう。また、今年5月には「ビッグコミックスピリッツ」の人気連載漫画『美味しんぼ』の登場人物が劇中で原発事故後の福島県を取材し、その滞在の間に“鼻血”を流す描写(4月28日発売号掲載『美味しんぼ 604話』)が問題になり大きな議論を巻き起こした。

 今なお決して無視することができない原発事故の数々の影響が指摘される中、これまで東京で医療に従事していた1人の医師がこの春、岡山県に移り住み医院を再開した。医師の主張は「できれば東日本から移住していただきたい」というショッキングなメッセージである。


■東京は、もはや住み続ける場所ではない

shigerumita1.jpg
画像は「ENE News」より

 東京都・小平市で父親の代から50年以上にもわたって地元の人々の医療に貢献してきた「三田医院」の三田茂院長は、今年3月にいったん小平市の医院を閉じ、4月に移住先の岡山県・岡山市で医院を開業して医療活動を再開した。この三田医師の決断は海外でも報じられ、北米を拠点にした情報サイト「VICE」や、エネルギー関連情報サイト「ENENews」などが、三田医師の主張を英語で紹介している。

「ENENews」の記事によれば、三田医師はここ1~2年の間に東京で劇的に放射能汚染が進行していると語っている。東京の各所で滞留した放射性物質が濃縮されて汚染は進行し、「東京は、もはや住み続ける場所ではない」という衝撃の発言が記されているのだ。特に東京の東部地域は深刻であるという。

「残念なことに、東京都民は被災地を哀れむ立場にはありません。なぜなら、都民も同じく事故の犠牲者なのです。対処できる時間は、もうわずかしか残されていません」(三田医師)

人気連載

奇習!九州で実在? 輪姦・相互鑑賞…なんでもアリな乱交貸し風呂

【日本奇習紀行シリーズ】 九州・某県 ※イメージ画像:Thi...

奇習!母娘の「親子丼」を正当化した邪悪な男たち―ある資産家男性の告白

【日本奇習紀行シリーズ】 北関東 ※イメージ画像:Think...

コメント

6:K2015年9月20日 20:29 | 返信

三田先生、お会いしたこともありませんが、先生は、ご立派だと思います。
現実には、全ての人が、東京から離れることはできません。
また、原子力発電所近くの方は、いつも不安だと思います。
ほかの事でもそうですが、悪いと分かっているのに、正せないことばかりですね。

5:匿名2015年2月26日 12:36 | 返信

あんたが心筋梗塞かガンで死ぬリスクの方がよほど高いだろ、アホ医者が。

4:匿名2015年2月25日 11:14 | 返信

あぁ、これが噂の「放射脳」か。
俺のお袋は長崎で被爆してるけど、こういうのが当時も大勢沸いて、デマを撒き散らしていたんだって。
放射能より怖いのは、新たな差別と偏見を生み出す人の心だな。

3:匿名2015年2月25日 11:13 | 返信

あぁ、これが噂の「放射脳」か。
俺のお袋は長崎で被爆してるけど、こういうのが当時も大勢沸いて、デマを撒き散らしていたんだって。
放射能より怖いのは、新たな差別と偏見を生み出す人の心だな。

2:匿名2015年2月21日 10:24 | 返信

増加している根拠である明確な数値が示されていない為に
科学的には根拠の無い単なる憶測。と断定できます。

岡山県といえば、ウラニウム鉱石産出地の人形峠があるんでしたね。

1:匿名2015年2月10日 23:03 | 返信

そりゃ、逃げられるものならば逃げたいよ。でも現実問題無理だよ。

福島の原発のニュースも日に日に減っていく中、だいじな情報は我々市民にはまったくと言っていいほど届かないじゃないか。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。