>  >  > 地球人は異星人に生まれ変わる? 「スコリトン事件」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0

――超能力、心霊現象、UFO、など、いわゆる「超常現象」分野に深い造詣を持つオカルト研究家・羽仁礼がUFO事件について解説!


「第三種接近遭遇」、それはアメリカのジョゼフ・アレン・ハイネックが定義したUFOとの遭遇形態の1つで、UFOの近くに搭乗員らしき未知の生物が目撃されたり、声やメッセージなどでその存在が推定される場合のことをいう。UFO搭乗員と目撃者が接触する、いわゆるコンタクトやアブダクションは、本来「第三種接近遭遇」の一形態であるが、研究家によっては「第四種接近遭遇」とする者もいる。

Adamski_2.jpg

 分類に関する意見は分かれるところだが、いずれにせよこうしたコンタクト・ケースでは、極めて奇妙な容姿のUFO搭乗員や、地球の常識では理解できない不思議な行動が目撃される例も多い。1952年の「フラットウッズ事件」では、俗に“3メートルの宇宙人”や“フラモン”などと呼ばれる奇妙な怪物が目撃されたし、1954年の「チェンニーナ事件」では、背の低いUFO搭乗員が農婦のストッキングを奪い去ったとされる。また、1992年の「ピーター・クーリー事件」では、全裸の不思議な女性2人が突然寝室に現れるなどした。そして今回紹介する「スコリトン事件」もまた、不可思議極まる事件として、現在も多くの研究家の頭を悩ませ続けているのだ。


■「スコリトン事件」のあらまし

 1965年4月24日、イギリスのスコリトン。当時老人ホームの管理人をしていたアーサー・ブライアントは、その日の夕方、日課となっている散歩に出かけた。すると午後5時30分頃、空から巨大な円盤型の物体が降下してきて、地上から1メートルほどの高さで静止した。

 円盤の真ん中には出入口が現れ、中からヘルメットをかぶり、潜水服のようなものを身に着けた3人の人間(らしき存在)が出てきた。1人が手招きするのでブライアントが近付くと、彼らはヘルメットを脱いだ。そのうち2人は、異常に長い額と猫のような青い眼、そして金髪と、ずんぐりした鼻を持っていた。また彼らの口は青みがかっており、明らかに地球の人間ではなかった。

 ところが3人目は、他の2人とは違っていた。14、5歳に見える金髪の少年で、着ている服も大き過ぎてだぶついている。この少年はアメリカ訛りの英語でブライアントに話かけ、自らを「ヤムスキー」と名乗った上で、

我々はあなたにメッセージを持ってきた。“デス…レス…”に伝えてほしいことがある。今から1カ月後に私たちは“マンテルの証拠”を示すだろう。夕方の青い光体に注意しなさい

と謎のメッセージを残した。どこから来たのかと尋ねるブライアントに、彼は「金星から来た」と告げた。

Adamski_3.jpg

 このあとブライアントは円盤の中を案内される。内部には同じ型の部屋がいくつかあり、それらはドアで通じていたが、ドアは各部屋の床にもあった。また、それぞれの部屋には1台のベッドと、テレビ受像機に似た大きなスクリーンも備わっていた。そして最後に案内された部屋のベッドの上には、“紫色でバラの刺繍が入ったガウン”が置いてあったという。案内が終わるとブライアントは船外へと連れ出され、円盤は空の彼方へと飛び去ってしまった。

 この不思議な体験から1月半ほどが過ぎた1965年6月7日の夜、ベッドに入ろうとしていたブライアントの耳に、ブーンというハミング音が飛び込んできた。表へ出て夜空を見上げると、南西方向から青い光体が接近してくる。やがて物体は北東方向へと進むと、そこで降下したように見えた。「約束どおり彼らが帰ってきたのだ」と考えたブライアントは、その後数日間、物体が着陸したと思われる辺りにでかけ、そこで奇妙な金属片やボルト・ナット類、「兄弟から兄弟へ」と書かれた紙片の入ったガラス瓶などを見つけたという――。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。