>  >  > 高校生「カンニング自殺」裁判をめぐる疑問

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
関連キーワード:カンニング, 渋井哲也, 自殺, 裁判
高校生「カンニング自殺」裁判に疑問 ― 争点は、自殺の解釈。精神科医の意見書は無視!?

~【ジャーナリスト渋井哲也のひねくれ社会学】都市伝説よりも手ごわいのは、事実だと思われているニセモノの通説ではないだろうか? このシリーズでは実体験・取材に基づき、怪しげな情報に関する個人的な見解を述べる~  自殺の解釈をめぐる裁判なのに、精神科医の意見を無視する?  2009年5月、首都圏の私立高校に通う高校3年生(当時)だった男子生徒が自殺した。学校内での自殺だったため、独立行政法...

人気連載

奇習! 全裸で拘束されて晒される不貞の男女―おぞましき裸刑の実態

【日本奇習紀行シリーズ】 山梨県・某地方 ※イメージ画像:T...

意図を超えてやってくるものを意図的に働きかけるパラドクスとは? シュルレアリスト・瀧口修造が追い求めた「デカルコマニー」

【拝啓 澁澤先生、あなたが見たのはどんな夢ですか? ~シュル...