>  > 鹿児島で大噴火、次は富士山噴火か?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
関連キーワード:

地震

,

富士山噴火

,

川口友万

kisyou0529.jpg
画像は「FNNnewsCH」より引用

 鹿児島県の口永良部島が噴火、気象庁は5段階ある噴火警戒レベルのレベル5を発令、危険な状態が続いている。

 昨今は、首都圏でも地震が多い。箱根山の微弱地震は止まらず、国土地理院は箱根山・大涌谷で、およそ直径200mの範囲で最大15センチの隆起を観測したと発表した。浅間山の火山性地震は1日50回を超え、気象庁は明らかに増加していると発表している。

 箱根山は3200年前に大噴火を起こし、山が半分吹き飛んだらしい。現在1400mの箱根山は、かつては3000m級だったらしいのだ。浅間山も噴火すれば被害は甚大だ。関東全域を覆っている関東ローム層の半分は浅間山の火山灰由来なのだ。では残り半分はというと富士山。富士山が噴火した時の灰で、関東平野は埋め尽くされている。

 火山が急に活発化していることから、富士山噴火を心配する人も少なくないだろう。もし富士山が噴火すると何が起きるのか? 

 政府は2015年度予算案に、富士山が噴火した場合の除灰作業指針や降灰対処計画の策定と対応予算として4,400万円を初めて計上している。富士山の噴火が現実問題として浮上している証拠だ。

関連キーワード

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。