>  >  > ひと夏のロマンスはデキやすかった!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
関連キーワード:

セックス

,

仲田しんじ

,

出産

,

妊娠

,

,

精子

 夏は恋の季節――。古来から多くの詩人や芸術家が燃えるような“ひと夏のロマンス”を讃え作品にしたためてきた。夏という季節は、男女の間に何か特殊な作用を及ぼすのだろうか……。最新の研究で、夏のロマンスは“実を結ぶ”可能性が高いことがわかってきたのだ。


■7月と8月は“子作り”のベストシーズン

sperm1.JPG
画像は「Wikimedia Commons」より

 最新の研究で専門家は「夏は妊娠に最適な季節である」と主張している。夏のロマンスは“実”を結びやすかったのだ。

 イタリア・パルマ大学病院の研究チームが5,188人の男性から集めた11年間にも及ぶデータを用いて行なった研究が先頃、医学誌「Chronobiology International」で発表された。

 人間の男性の精液1ミリリットル中には6000万から1億匹の精子がいるといわれている。1回の性交で放出される人間の男性の精液の量は、2~5ミリリットルであるから、毎回実に1億2000万匹から5億匹の精子がオタマジャクシのように鞭毛(べんもう)を振りながら前進を続け、子宮の奥にある卵子を目指して旅立っているのだ。

 まさに“人海戦術”という感じの頼もしい(!?)戦略だが、当然のことながら精液のコンディションによって大きく“作戦”の難易度は変わってくる。妊娠の成否に大きな影響を及ぼすのが、活発な精子の数と精子の運動性能である。

 今回のパルマ大学病院の研究によれば、男性の精液の状態は季節による変動があり、精子の運動性能が最も高くなるのが7月と8月であるという。したがって、この時期の子作りは成功しやすいということになるのだ。これはテストステロンのような男性ホルモンのレベルが季節によって変化していることに起因しているということだ。

「今回の研究で男性の精液に季節変動が存在することを発見しました」と研究を主導したアルフレッド・デ・ジオーギ博士は論文に記している。また精子の運動性能だけでなく、活発に活動する精子の割合も夏場は平均65.3%と高く、冬の間はこれが50%以下に落ち込むという。

 多くの動物には繁殖期があり、1年のうちで性交を頻繁に行なう一定の時期があるが、人間も緩やかな形ではあるが季節による体調の変化が生じていることになる。生物学的にも夏は人間にとって“恋の季節”だったのだ。

関連キーワード

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。