研究で明らかになった「夏が恋の季節」である根拠とは? 

 夏は恋の季節――。古来から多くの詩人や芸術家が燃えるような“ひと夏のロマンス”を讃え作品にしたためてきた。夏という季節は、男女の間に何か特殊な作用を及ぼすのだろうか……。最新の研究で、夏のロマンスは“実を結ぶ”可能性が高いことがわかってきたのだ。


■7月と8月は“子作り”のベストシーズン

研究で明らかになった「夏が恋の季節」である根拠とは? の画像1画像は「Wikimedia Commons」より

 最新の研究で専門家は「夏は妊娠に最適な季節である」と主張している。夏のロマンスは“実”を結びやすかったのだ。

 イタリア・パルマ大学病院の研究チームが5,188人の男性から集めた11年間にも及ぶデータを用いて行なった研究が先頃、医学誌「Chronobiology International」で発表された。

 人間の男性の精液1ミリリットル中には6000万から1億匹の精子がいるといわれている。1回の性交で放出される人間の男性の精液の量は、2~5ミリリットルであるから、毎回実に1億2000万匹から5億匹の精子がオタマジャクシのように鞭毛(べんもう)を振りながら前進を続け、子宮の奥にある卵子を目指して旅立っているのだ。

 まさに“人海戦術”という感じの頼もしい(!?)戦略だが、当然のことながら精液のコンディションによって大きく“作戦”の難易度は変わってくる。妊娠の成否に大きな影響を及ぼすのが、活発な精子の数と精子の運動性能である。

 今回のパルマ大学病院の研究によれば、男性の精液の状態は季節による変動があり、精子の運動性能が最も高くなるのが7月と8月であるという。したがって、この時期の子作りは成功しやすいということになるのだ。これはテストステロンのような男性ホルモンのレベルが季節によって変化していることに起因しているということだ。

「今回の研究で男性の精液に季節変動が存在することを発見しました」と研究を主導したアルフレッド・デ・ジオーギ博士は論文に記している。また精子の運動性能だけでなく、活発に活動する精子の割合も夏場は平均65.3%と高く、冬の間はこれが50%以下に落ち込むという。

 多くの動物には繁殖期があり、1年のうちで性交を頻繁に行なう一定の時期があるが、人間も緩やかな形ではあるが季節による体調の変化が生じていることになる。生物学的にも夏は人間にとって“恋の季節”だったのだ。

関連キーワード:, , , , ,

人気連載

danger
イタコ、霊媒、エロ祈祷…エログロナンセンスな超常現象ドキュメンタリー『恐怖・怪奇・悪霊 超常現象の世界』とは?

イタコ、霊媒、エロ祈祷…エログロナンセンスな超常現象ドキュメンタリー『恐怖・怪奇・悪霊 超常現象の世界』とは?

※こちらは2020年の記事の再掲です。 ――絶滅映像作品の収集に命を懸ける男・...

2024.02.27 08:00奇妙
青酸カリで人を殺すのは意外と難しい。推理小説のトリックは概ね間違いだった!?

青酸カリで人を殺すのは意外と難しい。推理小説のトリックは概ね間違いだった!?

【ヘルドクター・クラレの毒薬の手帳 第1回、青酸カリ/後編】  ※本記事は2...

2024.02.07 08:00科学
【毒薬の手帳】ググっても出てこない、青酸カリの本当の話

【毒薬の手帳】ググっても出てこない、青酸カリの本当の話

本記事は2015年に掲載された記事の再掲です。 【ヘルドクター・クラレの毒薬の...

2024.02.06 08:00科学
九州地方で正月に行われていた飲尿儀式の伝統があった!?

九州地方で正月に行われていた飲尿儀式の伝統があった!?

※本記事は2018年の記事の再掲です。 【日本奇習紀行シリーズ】 九州地方 ...

2023.12.30 08:00奇妙
南海トラフ地震は2025年ではない!? 和歌山県と伊豆半島が…危機を乗り越える3つの波動グッズ

南海トラフ地震は2025年ではない!? 和歌山県と伊豆半島が…危機を乗り越える3つの波動グッズ

不思議ジャーナリスト・広瀬学が渋谷クロスFMのラジオ番組のレギュラー出演者にな...

2024.02.20 14:00スピリチュアル

研究で明らかになった「夏が恋の季節」である根拠とは? のページです。などの最新ニュースは好奇心を刺激するオカルトニュースメディア、TOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル