>  >  > 「観客が恐怖を持ち帰る」清水崇監督インタビュー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
関連キーワード:iPhone, ホラー, 映画, 清水崇
恐怖に襲われる人々の群像劇を描いたパニックホラー『7500』清水崇監督インタビュー

  03年公開映画『呪怨』、04年ハリウッドリメイク版映画『THE JUON/呪怨』など、日本のみならず世界中を震撼させている清水崇監督。  そんな清水監督が放つ、ハリウッド進出第3作目となる映画『7500』は、飛行機の中という逃げ場のない場所で恐怖に襲われる人々の群像劇を描いたパニックホラーだ。映画の見どころと制作秘話をうかがった! ――映画『7500』をハリウッドで撮影することになった...

人気連載

奇習! 全裸で拘束されて晒される不貞の男女―おぞましき裸刑の実態

【日本奇習紀行シリーズ】 山梨県・某地方 ※イメージ画像:T...

意図を超えてやってくるものを意図的に働きかけるパラドクスとは? シュルレアリスト・瀧口修造が追い求めた「デカルコマニー」

【拝啓 澁澤先生、あなたが見たのはどんな夢ですか? ~シュル...