>  > 近親相姦カルト教祖の鬼畜すぎる犯罪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0

 実の娘を24年間監禁し、7人の子どもを生ませた“オーストリアのモンスター”ことヨゼフ・フリッツを読者の方は覚えていると思う。今回は「イスラエルのフリッツ」と呼ばれたゴエル・ラツォンについてお伝えしよう。


■被害者がいない? 警察のおとり捜査がはじまる

 ゴエル・ラツォン(Goel Ratzon)は長い間、カルトグループのリーダーとして知られていた。このグループの女性たちは容疑者をメシア(救世主)として崇拝し、一夫多妻制の「妻」となって性的交渉をもち、リーダーの子どもたちを育てていた。さらにラツォンは実の娘たちとも性交渉を持ち、妊娠させていた。ラツォンに娘を奪われた家族の中には、娘を取り戻そうとして警察やメディアに訴えた人もいる。

goelratzon1.JPG
「イスラエルのフリッツ」ゴエル・ラツォン 「BBC」の記事より引用

 社会問題となったことで、彼の「ハーレム」はかなり以前から注目を浴びていたが、警察は彼を実際に逮捕に持ち込むのに10年以上もかかった。女性たちは洗脳状態で、自らの意思でとどまっていると主張したので、警察はおとり捜査によってラツォンの犯罪行為を証明する必要があったのだ。


■集団生活の様子と女性たちの証言

 ラツォンの住んでいたテルアビブのハティクヴァ(Hatikva)は貧困地域である。彼はそこに狭いアパートを何部屋か借り、合計で少なくとも女性30人、子ども80人を住まわせていた。警察が彼らのアパートに家宅捜査に入った時、TVクルーも同行し捜査の様子を撮影したが、劣悪な小さなアパートからは女性10人と子ども17人が次々と引き出されたという。ラツォンが警察に連行される時、「妻」たちはラツォンを警察から守ろうとし、子どもたちは全員大きな声で泣き叫んだのだ。

 ラツォンの「パワー」は、長期滞在していたインドで培われたと女性たちは信じている。彼とともに12年間暮らしていたマーヤン・スミディさんは、「私はラツォンの妻ではありませんでした。奴隷でした」「私たちは何かにあやつられていました。不思議なパワー、魔法、催眠術のようなものに」と語る。

 ラツォンと暮らしていた女性の1人であるエフラットさんも、「彼に少し見つめられるだけで、誰もが催眠状態になってしまう」と警察に証言している。

 しかし近隣の住民は、ラツォンは家庭に恵まれず精神的に不安定な若い女性を食い物にしていただけだと言う。女性たちは彼を崇め、彼の不興を買うことを何よりも恐れ、自殺未遂までした女性もいたということだ。

 では一体、30人の「妻」と80人の子どもの生活費はどこから来ていたのだろうか? 女性たちは全員、シングルマザーとして国から児童手当を受け取っており、また掃除婦として働きに出ていた。そして、それらの給料と国からの児童手当はすべてラツォンが手にしていたのだ。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。