>  >  > 数多の罪人が斬首され、その骸が出土した小塚原刑場跡

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
関連キーワード:Ian McEntire, , 斬首, 日本異界紀行, 死刑
年間1000人が斬首され、その骸が出土した“死臭がした場所”=小塚原刑場

 1958年にラジオ東京テレビが制作したテレビドラマ『私は貝になりたい』で、フランキー堺演じる主人公の清水豊松は、戦時中に一兵卒として従軍したことをキッカケに、そのエンディングで絞首刑になる悲劇的な最期を迎えた。  だが現在においてもポピュラーなスタイルとなっているこうした絞首刑は、こと日本に限って言うと歴史的に見ればそれほどたくさんは行われていない。たとえば江戸期においても、絞首刑は庶民用...

人気連載

レメディオス・バロ/暗闇と夢と魔術の芸術家 ― ビョークやマドンナも陶酔する美人シュルレアリストの真実

 最近、筆者の周囲では(年齢的に当然かもしれないが)結婚が相...

封印されたトンデモ映画!! あのヴァン・ダムも自社商品“ユニバG”に出演させた大神源太とは?

――絶滅映像作品の収集に命を懸ける男・天野ミチヒロが、ツッコ...