>  >  > サイキック度の調べ方&第六感の訓練法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0

 いわゆる“スピリチュアル”の観点に立てば我々は全員がサイキック(超能力者)である。しかしながら何もしなければ宝の持ち腐れであり、能力を開花することなく一生を終えてしまう。ではどうやってサイキック能力を高めていけばよいのか? そのためには、まず自分に備わっている能力を把握することが肝心であるということだ。はたして、アナタはどんなタイプのサイキックなのだろうか。


■誰もが4つの超能力を持っている

“虫の知らせ”で普段とは違う行動をとったり、予定を変更した結果、事故や災害を逃れた経験はないだろうか。あるいはまったくの初対面である人物と対面して、その人の言うことを真に受けてはならないと、ほぼ確信したことはないだろうか。そんな体験はないという人でも、これらを無自覚に行っていることも多いという。そしてこれらの能力に気づいていても気づいていなくても、“スピリチュアル”な世界の解釈ではこれらは人間に本来備わった“超能力”なのだ。

 情報サイト「Disclose.tv」の記事では、我々全員が持っている五感を超えた認識能力(第六感)を4つのタイプに分類している。それは超視覚(clairvoyance)、超聴覚(clairaudience)、超感覚(clairsentience)、超認識力(claircognizance)の4つだ。これらの能力は高低の差こそあれ、1人の人間にすべて備わっているのだが、人それぞれそのうちのどれか1つの能力が相対的に高くなっているという。そして自分がこの4つのどの能力が高いのかを見きわめることで伸ばすべき能力がわかり、訓練によって自他共に認める“サイキック”になれるということだ。ではこの4つの超能力を順番に解説していこう。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。