>  > 「パナマ文書」で日本企業の名が再浮上した理由

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント1
電通、JAL、総合商社… 「パナマ文書」騒動で再浮上した巨大日本企業! “本当の理由”とは!?

 今月3日、各国大企業や要人が租税回避地(タックスヘイブン)を利用して金融取引を行い、隠し資産を所有していることを暴露した膨大なデータ、「パナマ文書」が暴露された。その衝撃は世界の政財界へと一気に広がり、現在も一向に収まる気配を見せない。今回の“世紀のリーク”を特設サイトまで制作して大々的に公開したのが、「国際調査報道ジャーナリスト連合(ICIJ)」だ。  トカナがすでに指摘したとおり、IC...

電通 洗脳広告代理店

電通 洗脳広告代理店

独占広告代理店の真実