>  > インドネシアで「ロン毛のプレデター」が発見される

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0

 5月、インドネシアで謎の生物の死体が見つかった。焼け焦げて黒い肌に長い黒髪、異様に細長い顔に大きな眼窩を持ち、胴体は紐で拘束されている。その恐ろしい風貌はどことなく映画『プレデター』に出てくる異星人を思わせる。

 現地メディア「Tribunnews.com」の報道によると、この死体はインドネシア・ジャワ島の北部、プロウスリブ(『千の島』の意)と呼ばれる群島の一つで発見された。死体の大きさは10cm程度で、現地では『ジェングロット(jenglot)』と呼ばれている伝説の生物ではないかと囁かれている。


■ジェングロットは夜行性?

Screenshot 2016-05-24 at 14.jpg
画像は、「Tribunnews.com」より

 ジェングロットはインドネシアのジャワ島などで古くから伝わる、小さな人間の姿をした生物だ。浅黒い肌と長く伸びた髪と鋭く伸びた爪を持ち、その顔は骸骨のようで鋭い牙を尽きだしているという。地中や壊れた家の屋根、巨木の幹などに住んでおり、ヒトの血液を餌にするという。この生物は不思議な力を持っていると言われており、災害をも引き起こすことができるという。現地の霊媒師が儀式を執り行う際、しばしば現れるという。

 トカナでは、生物学に詳しい理学博士X氏に写真を見せて、解説を依頼した。

「生物学的見地から見ると、まず、この生物は、そこまで物理的なパワーをもちあわせているとは思えません。たとえ鋭い牙や爪を持っていたとしても、体長が10〜20cmと小さいですから、人間を襲うほどの力は持っていないはずです。地中や家の屋根に住むという習性から、もともとは、森の中でひっそりと生きる夜行性の生物だったとみられます。闇に紛れてひっそりと獲物を狩るとなると、スケールは違えど映画のプレデターに近いのかもしれませんね」

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。