• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
flyboard_04.jpg
画像は「Daily Mail」より引用

 インターネット、腕時計、携帯電話など、軍事技術が生活用品として転用される“スピンオフ”は我々の生活にあふれている。だが今回、なんと、娯楽用に開発されたホバーボードが軍事転用されるかもしれないというのだ。


■ジェットエンジン搭載「ホバーボード」

 7月22日付の「Daily Mail」が、ジェットエンジンを搭載したホバーボードを開発した「ザパタ・インダストリーズ(Zapata Industries)」社がアメリカ軍需系企業に買収されたと報じている。

「ザパタ・インダストリーズ」社は、もともと水圧を推進力とする水上ホバーボード「フライボード(Flyboard)」を手掛けている企業である。今年4月には、ジェットエンジンを搭載した水力の要らない「フライボード・エア(Flyboard Air)」を開発し、大きな反響を呼んだ。

 同社のフランキー・ザパタ氏は、元プロ・ジェットスキー選手で、「ウォータージェットパック(Water Jet Pack)」の世界記録保持者でもある。自ら開発した「フライボード・エア」のテストパイロットを務めた際には、驚異的なボディバランスを披露。距離2252メートル、高度50メートルを飛行し、観衆の度肝を抜いた。その姿はまるで、映画「バック・トゥー・ザ・フューチャー PART2」で主人公のマーティ・マクフライが操縦する「ホバーボード」のようだ。「未来の乗り物」が1つ実現した瞬間だった。

動画は「YouTube」より引用
flyboard_01.jpg
画像は「Daily Mail」より引用
flyboard_05.jpg
画像は「Daily Mail」より引用

 ここで終われば良い話だったのだが……。なんと今月、「ザパタ・インダストリーズ」社が「アメリカ合衆国国家安全保障局(DHS)」と関係が深い軍需系企業「インプラント・サイエンシーズ(Implant Sciences)」社に買収されたというのだ。このニュースを受けてネット上では、「『フライボード・エア』が軍事転用されるのでは?」と危惧する声があがっている。

「フライボード・エア」が軍事上どのように利用されるかについて詳細な情報はまだないが、海外の軍事情報サイトでは、「作戦行動中にヘリが着陸できない土地で、地上部隊が上空のヘリに乗り込む場合」、「海兵隊の迅速な上陸作戦のため」、「地上から建物の屋上へ移動する場合」、「軍事用ホバーバイクの開発」などに活用されるのではないかと噂されている。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。