>  > 史上最悪のスーパーテロが間近? 米国で憶測(後編)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント2
6trillion.jpg
画像は「Disclose.tv」より引用

 先月26日、米国防総省(ペンタゴン)の監察総監室が公表した監査報告「6.5兆ドル(650兆円)の使途不明金」に衝撃が広がっている。当初、問題の監査報告に大きな危機感を表明したのは、各国のオルタナティブメディアや陰謀論者たちに限られていた。しかし、事の重大性が明らかになるとともに、現地では次第に「極めて恐ろしい事態の前触れではないか」との声が高まりを見せている模様だ。

6trillion_2.jpg
画像は「Office of Inspector General」より引用

 実は、ペンタゴンに設置された監察総監室が同省における巨額の使途不明金を指摘したのは、これが初めてのことではない。2001年に「2.3兆ドル(当時のレートで約276兆円)もの使途不明金がある」との監査報告がなされていたのだ。この事実を当時のラムズフェルド国防長官が公表したのが、現地時間9月10日。彼は「徹底的に調査し、議会に報告する」と約束した。ところがその翌日となる9月11日、あの米国同時多発テロ事件が発生してしまうのだ――。果たして、今回判明した巨額の使途不明金は、9.11に匹敵する危機が差し迫っていることを示唆しているのだろうか?

※前編はコチラ:「【緊急警告】史上最悪の“スーパーテロ”が間近!? 米国防総省で6.5兆ドル(650兆円)の使途不明金発覚、9.11前夜とまったく同じ事態が進行中!


■識者「これがアメリカの“やり方”なのだ」

 トカナ編集部は、米国の政府機関や諜報員とパイプをもつ人物に話を聞いた。すると、想像を上回る事態の深刻さが浮き彫りとなってきた。

「まず、今回明らかになった650兆円ですが、2015年の1年間における使途不明金というわけではなく、これまでの累積額です。つまり、2001年時点では276兆円だったものが、同時多発テロからアフガニスタン侵攻、そしてイラク戦争を経て、350兆円以上増えているということになります。では、それを踏まえたうえで、9.11の真相と使途不明金の行方について考えてみましょう」

「陰謀論者の間では、9.11がアメリカ政府による自作自演だったとする説が広く信じられているようですが、それが全面的に正しいという訳ではないものの、彼らの考え方にも一理あるのです」

関連キーワード

9.11

コメント

2:匿名2016年9月11日 15:10 | 返信

911の時は空売りと保険でボロ儲けするために
大金用意したから、爆薬しかける工事とかは大したことない
ああいうのは海兵隊の将校クラス使ってやるから少人数
その方が口が堅いし、戦場で人殺せる強者にしかやらせない

1:匿名2016年8月21日 13:52 | 返信

日本のマスコミ総スルーかよ
テレビも本当に見る価値ないな
またこういうニュース頼むよ

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。