>  >  > 巨大地震は満月に発生していた!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント3
関連キーワード:

予測

,

仲田しんじ

,

地震

,

,

津波

,

,

災害

「大潮の日は出産が多い」とまことしやかに語られている。月の重力が影響している潮の干満は、人体にも、特に女性の身体に無視できないほどの影響を及ぼしているといわれているが、地球そのものへはどう影響しているのか? 最新の研究では、新月と満月が巨大地震“ビッグワン”の引き金になりうることが指摘され世を騒がせている。


■超巨大地震の直前は潮の満ち引きが激しい

bigoneprediction1.JPG
Express」の記事より

 東京大学の井出哲教授らの研究チームが先日「Nature Geoscience」オンライン版で発表した研究によると、2004年のスマトラ沖地震や2011年の東日本大震災などの巨大地震、通称“ビッグワン”は潮の満ち引きの原因となる月の引力が強く働く時に発生しやすくなるという結果が導き出されたという。

 研究では、過去20年に世界中で起こったマグニチュード5.5以上の地震と、地震発生日から過去2週間における潮の満ち引き、および月の引力についての分析が行われた。1万件以上の地震というビッグデータを解析することによって、壊滅的地震である“ビッグワン”の発生と、潮の満ち引きに大きな関係があることが突き止められた。

 マグニチュード9.1を記録した2004年12月26日のスマトラ島沖地震、同じくマグニチュード8.8を記録した2010年2月27日のチリ地震、さらにマグニチュード9.0を記録した2011年3月11日の東北沖地震という、マグニチュード9前後の超巨大地震の前には、潮の満ち引きの激しさを示す「潮汐応力」の振幅が大きかったことが明らかになった。マグニチュードが高い大きな地震であるほど、潮の満ち引きが関係している傾向にあり、マグニチュード5.5レベルの地震では、潮の満ち引きとの明確な関連性は確認できなかったということだ。

 これはつまり、満月と新月の時に超巨大地震が発生しやすいということだ。今後、満月と新月には要注意という話になるのだが……。

関連キーワード

コメント

3:匿名2016年9月24日 23:29 | 返信

台風すら消滅させること不可能なのに核程度で地震起せるわけ無いんだよなぁ。
仮に起せてもメガトン単位必要でしょ、そんな量動かしたら雨ちゃんに問答無用で蜂の巣にされるー

2:匿名2016年9月23日 19:28 | 返信

※2
正解。

災害=天災だと思ってるのは世界で日本人だけなんだよなぁ。
英語ができないことを良いことに鳥かごの中で飼われた状態だわ。

1:匿名2016年9月23日 11:32 | 返信

月の引力が引き金になって、ぎりぎりまで粘ってた地殻のストレスが解放されるって説なら、
オレは中学のころから友達に言いまくってるぞ。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。