>  > 全国の劇場が上映拒否の封印映画

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0

――絶滅映像作品の収集に命を懸ける男・天野ミチヒロが、ツッコミどころ満載の封印映画をメッタ斬り!

1021blackcat_01.jpg
※イメージ画像:『暗号名 黒猫(コードネーム ブラックキャット)を追え!』

『暗号名 黒猫(コードネーム ブラックキャット)を追え!』
1987年製作、2008年公開・プロダクションU
監督/井上梅次、岩清水昌弘
脚本/河田徹(井上梅次の変名)
出演/柴俊夫、榎木孝明、本郷功次郎ほか

「スパイ防止法」の制定を立案した自民党議員たちの後押しで、1987年に製作されたという『暗号名 黒猫(コードネーム ブラックキャット)を追え!』は、出版・言論・報道の自由を侵害する「スパイ防止法」のプロパガンダ映画であるとして、各地で上映反対運動が起きた。

 さらに製作費の資金源が、法外な値段の壺や印鑑などを売りさばく「霊感商法」で社会問題化していた統一教会(世界基督教統一神霊協会)系の反共産主義政治団体「国際勝共連合」だったことから、全国の劇場が上映を拒否。作品が商業ベースに乗ることは叶わず、「スパイ防止法」も廃案に終わった。

 だが、キャスティングにはビッグネームがずらりと並び、監督も巨匠だ。お蔵入りを惜しむ多くの映画マニアが反応し、公開に向けて映画関係者が動いた。統一教会員がチケットを売り歩いた小規模な上映会や、「スパイ防止法制定促進国民会議」のホームページで直売される手製DVDなどでコツコツと資金を回収していたところ、2008年に東京渋谷のシネマヴェーラが企画した「カルト映画特集」で初公開が実現したのだ。

 監督・脚本は、売り出し中の石原裕次郎が主演の『嵐を呼ぶ男』(57年)、三島由紀夫原作戯曲『黒蜥蜴』(62年)から、「必殺シリーズ」「ハングマンシリーズ」といった長寿テレビ番組まで、多作で知られる井上梅次。愛弟子・岩清水昌弘との共同演出だった。

 また、夫人で宝塚出身の大女優・月丘夢路がジャニー喜多川と親交があったため、近藤真彦主演で『嵐を呼ぶ男』(83年)をリメイクするなど、1980年代のジャニーズアイドルによる主演映画をいくつか演出した。一方、夫人が統一協会系の商品「一和高麗人参茶」のテレビCMに出演していたため、その関係が取り沙汰されたが、月丘本人は「ローマカトリック信者です」と否定している。ちなみに、『暗号名 黒猫を追え!』には月丘夢路の実妹・月丘千秋が出演している。

 音楽は、山口百恵とピンク・レディーのほとんどのヒット曲から、アニメソングとしては名曲の誉れ高い『デビルマン』のエンディング「今日もどこかでデビルマン」に至るまで、主に1970年代にヒットを連発した名作曲家・都倉俊一。わかりやすいモチーフのメロディによる劇伴(BGM)が作品を盛り上げた。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。