>  > 現代の闇をあぶりだす“直視に堪えない芸術”

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
暴力、薬漬け、SNS中毒… 現代社会の闇を生々しくあぶりだすルイス・キレスの“直視に堪えない芸術”

 イスラムに関する風刺画がテロの引き金になった「シャルリー・エブド事件」は、ショッキングで記憶に新しい。この事件は、他文化や宗教に対する風刺表現への賛否両論を巻き起こした。 ■社会を鋭く風刺する作品の数々  しかし「シャルリー・エブド」のように、社会的批評を芸術に取り込もうと試みるアーティストはそれほど多くはない。その中でもスペイン人の画家ルイス・キレスは、今日の世界に対する風刺を描いたイラ...

関連キーワード

SNS