>  >  > 悪いことが起きる前の「虫の知らせ11例」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント4

 いつも通りの行動や作業なのだが、どういうわけか、このまま続けてはいけないような気になった経験はないだろうか。一説によると、それは天からのメッセージを敏感に受け取ることができたのかもしれないということだ。そして、このような天からの警告は、11通りのサインで当人に気づきをもたらすという。


■天から届いた、気づくべき11の“警告サイン”

 新田次郎原作の名作映画『八甲田山』の遭難事件を思い起こさせるような、雪山の悲劇的事件が社会を震撼させている昨今だが、致命的な失敗の多くは進行中の物事を中断して引き返せなかったことに起因するのではないだろうか。

 スピリチュアル的な説明としては、そういった取り返しのつかない事態になる前に、いくつかの方法で当人に警告が発せられているということだ。それに敏感に気づくことができるかどうか、また、気づいた後に行動を変えられるかどうかは、残念ながら当人次第となる。オルタナティブ系オンラインジャーナル「Disclose.tv」の記事は、天から発せられる11の“警告サイン”を解説している。

11warningsigns1.JPG
 「Disclose.tv」の記事より

・ つま先をぶつける
 つま先を何かにぶつけてひどく痛い思いをしたり、転びそうになったり、あるいは実際に転んでしまうこともあるだろう。これはアナタが誤った方向へ進んでいることを警告するサインである。

・ 渋滞にはまる
 もちろん都市部などでは、時に渋滞にはまり込むことは避けられないともいえるが、そうした日は出かける前に最愛のパートナーと挨拶を交わしていなかったなど、どこかしら歯車が噛み合っていない状況であることが多く、さまざまなことに影響を及ぼすという。

11warningsigns2.JPG
 画像は「Wikimedia Commons」より

・ ケガをする
 ちょっとしたケガをすることは、実にわかりやすい天からのメッセージである。考えればわかるように、物事をこのまま進めるとさらに“痛い思い”をするという警告であり、いったん中断して再検討することが求められる。

・ 他者から悪い目つきで見られる
 たまたま目が合った人物が、まるで嫌な物でも見るような目つきで自分を見ていた場合は、特に警戒が必要だ。危険がすぐ身近に迫っているかもしれない。

コメント

4:匿名2017年4月14日 03:22 | 返信

ガン飛ばされたら喧嘩売られる合図や

3:匿名2017年4月11日 02:23 | 返信

たまに家の中で財布とかスマホとか鍵のありかが分からなくなるけど、、、

家が悪意に満ちてんのか笑

2:匿名2017年4月11日 00:56 | 返信

↓だけど、
渋滞とかは知らんけど、さすがにそれは気のせいだろ
通勤とかで毎回渋滞してる人どうすんだよ
つまり全部ただの統失患者の妄想ってことでしょ

1:匿名2017年4月11日 00:48 | 返信

ただの統合失調症な気もしなくないんだが

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。