>  >  > 英総選挙後にUFO情報公開か

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0

ブレグジット”を決めたイギリスの命運を左右するといわれるイギリス総選挙の日が近づいている。選挙の結果はもちろん気になるのだが、UFOコミュニティの間では選挙後の6月半ばにも「レンデルシャムの森事件」の解明につながる機密文書が公開されるのではないかと話題になっている。


■イギリス国防省のUFO機密情報が6月中旬にも公開か

 行方が気になるイギリス総選挙だが、UFO研究者の一部からはこの選挙のせいで重要な機密文書の公開が遅れているという声があがっている。だが8日の選挙が終わればようやくその機密文書が明らかにされるということで期待も高まっているのだ。

 イギリス国防省のUFO担当部署は2009年に廃止されたのだが、英国立公文書館(National Archives)は2012年から同部署が扱っていた未確認飛行物体(UFO)に関する機密文書を段階的に公開してきている。

 2013年には数千にも及ぶ機密文書を公開しているが、1971~1976年、1996~2000年、そして2004年の機密文書がまだ公開されていないと見られていて、未公開ファイルの中には特に重要な18文書が含まれているという。

secretdossier1.JPG
 「Daily Mail」の記事より

 新たな機密文書の公開がこの3月に設定され、いよいよこの18文書が日の目を見ることになると期待されていたのだが、何のアナウンスもないままにズルズルと引き伸ばされて今に至っている。ドイツの超常現象ニュースサイト「Grenzwissenschaft-aktuell」のレポートによれば、公開の延期はやはり現在進行中の“ブレグジット”が大きな影響を及ぼしているということだ。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。