>  >  > UFO研究の第一人者グリア博士の講義に感動

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント1

 かつては医師として活躍していたスティーブン・グリア氏は、いまや世界的なUFO研究家として知られている。

 去る2001年に、現役を退いた政府の重要人物たちをワシントンに引き連れ、地球外生命体に関わる国家機密の公開を求めつつ、大々的な記者会見を開いて世間の注目を浴びた人物だ。

 今回は、グリア氏の講演をまとめたYouTube動画から、具体性にあふれた彼の主張の数々を紹介してゆこう。


■潜水艦が回収していったUFOの部品

スティーブン・グリア氏の講義 動画は「YouTube」より

 動画の冒頭、くつろいだ身なりのグリア氏が聴衆に向けて語っているのは、1963年に発生した、知られざるUFOの回収劇だ。

 キューバ危機を辛くも乗り越えたケネディ政権下、アメリカ海軍は南大西洋上でミサイルの発射実験に勤しんでいた。実験のさなか、艦艇が搭載する最新鋭のレーダーが、頭上に奇妙な影を捉えた。

 艦長が指揮所に赴いて様子をうかがっていると、電子兵器による干渉か、はたまた不幸な事故なのか、“影”は上空で爆発し、夜の海へ落下したという。

 落下後の残骸は、翌朝になって発見され、潜水艦によって回収された。それは直径2メートル足らずの正方形のポッドで、中にはハンサムな、しかし人間とは異なった特徴を持つ、4体の宇宙人が収容されていた。

 その一部始終を証言したのは、命の危険をほのめかされ、40年以上にわたって口を閉ざし続けた、潜水艦の乗組員である。実在するUFOの表面には、一切の鋲や継ぎ目がなく、素材そのものが美しい光を放つ――。

doctorandufologist1.JPG
画像は「Wikipedia」より

 グリア氏はその後も、類似した証言により得られた未知の技術や宇宙船にまつわる知識を、身振り手振りを交えながら丁寧に説明していた。

コメント

1:けんと2017年7月25日 08:40 | 返信

それほど偉大な使命と真剣な覚悟を持っているグリア博士は、なぜトリックを使ったUFO映像や照明弾映像や、どうみてもこじつけにしか見えない宇宙人写真など、低レベルの証拠で信者を集めようとしているのだろうか?

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。