• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント4
関連キーワード:

アーサー・ホーランド師

,

酒井透

入れ墨の不良牧師アーサー・ホーランド師の「巨大十字架行進」を取材! 「俺にとっての教会は自然界」「ブルックリンのヤク中とも一緒に歩いた」の画像1
撮影=酒井透

 自らのことを“不良牧師”と呼び、背中にビシッと刺青を入れたアーサー・ホーランド師(Arthur Hollands/本名、岡田正之。66歳)は、我々の想像を超えるキリスト教の牧師だ。

 今から2年前の2015年、アーサー・ホーランド師は、誰も考えつかないような“旅”を敢行している。カリフォルニア州サンタモニカからニューヨーク州ロングビーチまで、40キロもある手製の巨大十字架を背負って歩き通したのだ。その名も「アメリカ横断十字架行進」。1日20マイル(32キロ)ずつ進み、延べ150日かけて5000キロを踏破。16年6月にゴールした。

「俺の役目は、普段、教会に来ない人に語りかけること。ジーザスも村々を歩き回った。俺にとっての教会は、この自然界。青空、白い雲、夜空、星々、これが教会の天井。大海原、サハラ砂漠、草原、これが床。吹く風は神の愛のスピリット。そして鳥のさえずりが賛美歌だ。俺は、教会というのは、外の大きな世界を感じるための小宇宙だと思ってる。そういう意味で、確かに教会の建物はひとつの表現だけれども、やはり教会のエッセンスをつくり出すのは建物ではなく、そこにいる人。逆に、そこにいる奴らがプログラム化されてる教会には魅力がないよ」(アーサー・ホーランド師)

入れ墨の不良牧師アーサー・ホーランド師の「巨大十字架行進」を取材! 「俺にとっての教会は自然界」「ブルックリンのヤク中とも一緒に歩いた」の画像2
撮影=酒井透

 現在、アーサー・ホーランド師は、「日本キャンパス・クルセード・フォー・クライスト」というプロテスタント系のキリスト教宣教団体に所属している。しかし、”教会”というものは持っていない。生まれは大阪市西成区。父は元・米軍海兵隊員で、母は日本人。日本でハイスクールを終えると、20歳で父の国アメリカに渡り、23歳で洗礼を受けて牧師となった。そして、全米レスリング選手権チャンピオン(サンボ)2回優勝という金字塔を打ち立てている。また、全米柔道選手権3位という経歴をも持っている。実は、正真正銘のアスリートなのだ。

入れ墨の不良牧師アーサー・ホーランド師の「巨大十字架行進」を取材! 「俺にとっての教会は自然界」「ブルックリンのヤク中とも一緒に歩いた」の画像3
撮影=酒井透

「十字架を背負って歩いていると、そこに引き寄せられてくる人間がいるんだ。俺はそれを“飛ばされてくる”と言うんだけど、「アメリカ横断十字架行進」の終盤、ニューヨークのブルックリンを歩いていたら、全身入れ墨のヤク中男が声をかけてきたんだ。『俺は何度も神に誓った、ヤクは止めると。でも、またやってしまう。ジーザスはオレのことを見放したんだ!』って。でも、『今日俺が十字架を担いで来たのはお前のためだ。お前は愛されているし、許されている』と言ってそっと肩に手をまわしたら、ワァ〜〜っと泣き出して。その後は、泣き続けながら一緒に歩いたよ(笑)」

関連キーワード

コメント

4:匿名2017年12月11日 02:50 | 返信

神を否定することは国を否定するのと一緒。地球に境界線もないし

3:エリア4672017年12月 9日 23:04 | 返信

アーサー・ホーランド牧師、またお逢いしたいです!!!

2:匿名2017年12月 9日 20:02 | 返信

恵まれない地域で泣いている子供たちがいる時点で神は存在しないと思う。
別に神が悪いというわけではない。いないのだから。

1:匿名2017年12月 9日 17:51 | 返信

どうしたトカナ!?珍しくまともな記事じゃないか。

凄く良い話だった。こうゆう記事を増やしてくれよ。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。