• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
mainichi.jpg
『まいにち哲学』(ポプラ社)

 男装アイドルユニットのメンバーとして活躍した原田まりるが作家・哲学ナビゲーターに転身!! 前作『ニーチェが京都にやってきて17歳の私に哲学のこと教えてくれた。』(ダイヤモンド社)は、女子高生の前にニーチェやキルケゴールが現れ、少女に生きる意味を教えていくという、哲学入門書的な小説観がヒットに繋がった。今回は哲学者の名言を集め、解説した新刊『まいにち哲学』(ポプラ社)を中心に原田まりるさんの人生哲学をうかがった第2回目のインタビュー。【第1回


――アイドルから哲学作家という人生も興味深いので、芸能時代のお話も聞かせていただいていいですか。そもそもはどのように芸能界に入ったんですか?

原田 漫画『頭文字D』の影響で車が好きだったので、モーターショーに行っていたときにスカウトされたんです。好きなものは尾崎と『頭文字D』ですけど、元カレがヤンキーでその影響で……とかではないです(笑) 私もシビックのEG6で林道を走ってました。その後、レースクイーンをやっていて、レースクイーンオブザイヤーという賞を取って、08年に中野風女シスターズに入りました。

――いわゆるアイドルと哲学作家ではキャラが違うように感じます。アイドルのときはどう思って活動していたんですか?

原田 中野風女シスターズから派生した男装ユニット・風男塾は、男装をするので、いわゆるアイドルとは違いました。365日中360日ぐらいは男の子として活動していましたね。男装なので、愛想がいいわけでもないし、ファンも80%以上が女性でした。私は脳の切り替えがあるタイプで、男になりきっているときは、BOØWYみたいな好戦的な曲しか聞かなくなったり、普段は飲めないコーヒーのブラックが飲めるようになったり、男の声色もしていました(笑)

IMG_3482.JPG

 リアルな話、月経が止まったりしていましたからね……。周りのメンバーは誰もそんなことはなかったでしょうけど。今でも男の子のカッコウをしたくなるときがあります。でも、女性が好きなわけではないですよ。

――常に男性性を求められて、辛くはないんですか?

原田 『ぼくは麻理のなか』押見修造著(双葉社)という男性が女子高生と入れ替わる漫画があるんですけど、あれにちょっと近いような感覚です。中二病なことをいうと人格が支配されていて、本来の自分がわからなくなる。そのときは軽い二重人格だったのかも(笑)

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。